僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

吃音の症状の連発・伸発・難発を正しく理解しよう!

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

私は難発性の吃音です…

といった声をよく耳にしますが、実はそれは半分正解で、半分間違いです。

今回は吃音の症状を説明するときによく使われる、連発・伸発・難発のメカニズムを解説します。

今回の記事で、吃音の症状を正しく理解して頂ければ幸いです。

吃音の3つの症状とは?

まず吃音の3つの症状から解説していきます。

  1. 連発(れんぱつ)
  2. 伸発(しんぱつ)
  3. 難発(なんぱつ)

①連発

連発とは、語句を繰り返してしまう症状のこと。

いっちー

お、お、お、おはようございます。



こんな風に言葉の初めを反射的に繰り返してしまう症状です。

一般的に言われる“どもり”の代名詞ですね。


②伸発

伸発とは、語句を引き伸ばしてしまう症状のこと。

いっちー

おーーーーはようございます。



こんな風に。

連発や、次に説明する難発に比べて、この症状が出る人は少ないのが特徴です。

僕自身も語句を引き伸ばしていた記憶はほぼありません。

③難発(ブロック)

難発とは、語句の第一声が詰まって出てこない症状で、“ブロック”とも言われます。

いっちー

…!おっ、おはようございます。



“ブロック”という名の通り、喉まで出かかった言葉が、途中で強制的に止められているかのように声が出てこない症状です。


吃音=難発である


幼い頃は連発や、伸発の症状だったのが、大人になるにつれて難発に症状が移行する、という傾向があるのですが…

そう考えると、吃音の3つの症状はそれぞれ独立していて、年齢の発達につれて症状も進展していうように見えます。

しかし、実はそうではないのです。

この話はとても重要なのでしっかり聞いてください。

吃音とは難発のことであり、難発こそが吃音の症状である



これが正しい解釈なのです。

・・・

元々あなたの中には、難発の症状がありました。

でも幼い頃は、難発の存在には気づいておらず、連発や伸発の症状が出ていました。

語句を繰り返したり、引き伸ばしたりが繰り返されると次第に、周囲からその喋り方を指摘されたりして、「なんで自分はこういう喋り方なんだろう?」ということを無意識のうちに考え始めます。

すると気がつくわけです。

子供の頃

あ、自分は言葉に詰まってしまっているんだ…



これに気づいた時から、連発、伸発の症状は消え、難発の症状が表面化し始めるのです。

連発、伸発はただの副産物


連発、伸発は、難発を回避するために起こっている症状に過ぎません。

・・・

たとえば、朝職場に出社した時を想像してみてください。

職場に入ると上司とすれ違いました。

「おはようございます」と挨拶をしようとしたのですが、はじめの「お」が詰まって出てきません。

でもこの場面で挨拶をしないのは、失礼ですし、何より不自然です。

それはあなたも重々わかっているので、何とか無理してでも言おうとします。

いっちー

おっ、お、おはようございます。



無理して言おうとするから、こういう喋り方になってしまいます。

“言わないと変に思われる”

そんなプレッシャーや恐怖を回避するために連発や、伸発の症状は出ているのです。

いっちー

難発を回避するために連発、伸発は出ているに過ぎないということです。


「私は難発性の吃音です」への答え


ここまでの内容から、冒頭の「私は難発性の吃音です…」という意見にコメントするとしたら…

吃音者はみんなそう。
逆に私は連発性の吃音です、なんて人はいません。

・・・

吃音とは難発のことであり、吃音に苦しんでいる人は、みんな「言葉が詰まって出てこない」症状に苦しめられているということ。

また、連発、伸発は、難発(言葉が詰まって喋れない)を回避するために表面化している症状に過ぎないということ。

すべては、難発があるからこそ起きていることなのです。

次の記事で難発を解決する方法をお話ししていますので、是非読んでみてください。

吃音の恐怖を生み出す、認識のメカニズムとは??



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA