僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

【失敗談】セラピーに通っても吃音が治らない2つの理由

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

吃音の治療の手段としてセラピーに通うことを考えている人もいらっしゃるかと思います。

実際に僕もそう考え、セラピーに通っている時がありました。

僕がセラピーに使ったお金は12万円。

そして3ヶ月通い続けました。

その結果どうなったのか?

残念ながら僕の吃音は改善されませんでした。

今回はそんな僕の体験を通して、セラピーで吃音が治らない2つの理由と、解決策をお話しします。

セラピーに通っても吃音がな治らない2つの理由とは?

今から3年前、僕は「これで吃音が治る!」と信じてセラピーに通うことを決めました。

しかし結果は、改善されず。

当時はどうしようもなくショックでしたが、今思い返すと「だから治らなかったんだ」と思う2つの理由があります。

それが

理由
  1. 吃音者ではない人に吃音の苦しみは理解できないから
  2. セラピストのほとんどは吃音克服者ではないから

この2つです。

それぞれ詳しくお話ししていきます。

理由①:吃音者ではない人に吃音の苦しみは理解できないから

おそらく日本にいるセラピストのほとんどが吃音経験者ではないと思います。

日本の人口の約100人に1人いる吃音者の中で、その症状を改善できる人は極少数と言われていますが・・・

さらにそこからセラピストにまでなる人は一部中の一部中の一部じゃないでしょうか。

実際僕が通った施設のセラピストも吃音経験者ではありませんでした。

そうなってくると、吃音の苦しみを「本当の意味」では理解できなんじゃないかと思うんですよ。。。

もちろん苦しいことは理解できると思いますよ。

想像もある程度はできると思う。

でもちょっと考えてみて欲しいんですが、

「目が見えない人の恐怖」をあなたは本当に理解できますか??

・・・

・・・

リアルな自分ごととして想像できますでしょうか?

恐らくある程度怖いとか、不安とか想像はできると思いますが、

どれだけ怖いのか、どれだけ不安なのか、日常のどんなシーンにどう困るのか、

その時の感情など詳細なところまでは絶対にわからないはずです。

本人や同じ経験をした人にしか理解できないと思います。

そしてこれは吃音に関しても同じ。

  • 「言いにくい言葉がある・・・」
  • 「この場面ではどうしても声が出ない・・・」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA