僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

吃音の有名人に学ぶ!彼らの特徴と克服方法とは?

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

あなたは有名人の中にも吃音を抱えている人がいることをご存知でしょうか?

実は歴史に名を残した偉人や、TVに出ている有名人の中にも吃音者は多数存在します。

タイガーウッズ(プロゴルファー)

マリリン・モンロー(アメリカの女優)

ブルース・ウィリス(アメリカの俳優)

エド・シーラン(シンガーソングライター)

スキャットマン・ジョン(ミュージシャン)

田中角栄(元内閣総理大臣)

小倉智昭(アナウンサー)

ジョージ6世(イギリス国王)

アインシュタイン(発明家)

・・・など世界中にまだまだ存在しています。

で、僕がこの事実を始めて知ったときはとても驚きました。

まあ冷静に考えると、吃音者は人口の1%で存在するので、偉人の中にも当然いるわけですが・・・

ですが、TVに出て喋ったり、映画で演技をしたり「吃音者なのにどうやったらそんなことができるんだ」と言うことが単純に疑問でした。

だって吃音者にはそんなこと難しそうじゃないですか。。

今回はそんな彼らがどうやって吃音を克服したのか。

どうやって人前で振る舞えるようになったのか。

ブルースウィリス田中角栄の例を元にお話ししていきます。

2人の吃音が治った話

アメリカの俳優、ブルース・ウィリスと、元内閣総理大臣の田中角栄を例にお話ししていきます。

この2人は共通して「演じる」という行為を行いました。

これが今回の話の「キーワード」になりますので、頭の片隅に置いてここから先を読んでみてください。

アメリカの俳優:ブルース・ウィリス

大物アクション俳優として大活躍しているブルース・ウィリス。

「ダイハード」や「アルマゲドン」が有名ですかね。

僕の中では「渋カッコいいオヤジ」というイメージです。

しかしそんな彼も子供時代は吃音に悩まされていた一人なのです。

少年時代は吃音もあってか内気な性格だったようですが、今の彼からはとても想像できませんよね。

僕はひどい吃音症だった。自分は障害を抱えていると考えていたんだ。全く人と話ができないほどひどかったからね。

雑誌のインタビューでそう答えています。

周りからからかわれ、「吃音」のあだ名をつけられたりして苦しい思いをしていたそうです。

しかしあるとき舞台で役を演じたときに吃音が出ないことに気づきました。

ステージの上で自分自身を表現するとき吃音は消えていたのです。

彼はその後もステージで演じ続け、高校では演劇部に所属演劇の舞台では吃音が出ることはなかったそうです。

高校では生徒会長を務めるなど、積極的に人前で喋る道を選び続けました。

その時の想いを彼はこう言葉にしています。

高校かどこかで、舞台をやったんだ。そこで言葉を記憶すると、どもらないことに気が付いた。奇跡のようだったよ。それが吃音症を克服できたきっかけだったんだ。

その後彼は紆余曲折ありながらも、俳優という地位を築き、演技の道を歩み続けています。

元総理大臣:田中角栄

第64代、65第の2期に渡って内閣総理大臣を務めた偉大な人。

「角栄節」と称されている抑揚のある演説で聴衆を魅了した、現在の政治家とはあまりにも違う姿が印象的ですよね。

角栄節を生かしたスピーチ術や、営業術など、多数の書籍も出ており、多くの人に影響を与えた人物です。

しかしそんな偉大な人物の彼も吃音に悩まされていた過去があるのです。

彼は吃音が理由で近所の子供たちからいじめられていました。

あるとき教室で、いじめっ子が角栄に石をぶつけておきながら、自分で 「痛い」 と叫んで、角栄を犯人に仕立てたことがあったそう。

教壇にいた先生は、 「田中かっ!」 と怒鳴りつけました。

しかし、興奮した角栄は余計に吃音がひどくなって、抗弁しようにも声が出ない。

角栄はくやしくて硯を思い切り教室の床に投げつけたといいます。


吃音ならではの苦しい思いをしていたんですね・・・

・・・しかし、あるとき歌を歌っているときには吃音が出ないことに気がつきます。

そこで彼は歌うようにしゃべることを心がけました。

そして、節を付ける話し方を身につけるための練習に励むようになったのです。

あの彼独特の話しかたは吃音で喋れなかったことがきっかけで生まれたわけです。

彼はこのような話し方によって、どもらないで話すやり方を身に着けて行ったのですね。

その後彼の「喋り」はユーモアがあり、力強さがあり、説得力があると日本中で評価されるようになりました。

・・・確かに、ユーモアがあって引き込まれるような魅力的な演説ですよね。

2人に共通するのは【演じる】こと

ここまで吃音者の2人の経歴をお話ししてきました。

この2人は見事吃音の症状を克服し、多くの人から評価されるようになったわけですが、

そこにはある共通点がありました。

それが【演じる】ことです。

✔︎ブルースウィリスは舞台上で役を演じている時はどもらなかった

✔︎田中角栄は歌でどもらないことに気づき、歌うように喋ると演説でもどもらなかった

これは【演じる】と言う表現が一番しっくりきます。

ブルースウィリスはまさに役を演じていたわけですが、田中角栄も歌ような抑揚をつけて喋るというある種役ののようなものを演じていたと言えます。

ではなぜ【演じる】という行為で吃音が出なかったのか??

・・・

・・・

演じるという行為は喋る行為とは目的が違うからです。

「喋る」というのは言葉で相手に伝える行為ですよね。

一方、「演じる」というのは自分を表現する行為のことをさします。

言葉で伝えるのとは全く違う領域なんです。

演じるという自分を表現する行為ではどもらないということです。

あなたも経験あるはず

イマイチ伝わりづらい話かもしれませんが・・・

実は僕たちも意外と似たような経験をしています。

例えばカラオケで歌を歌うときなんかはそうで、

どんなに吃音で悩んでいる時でもどもることは基本的にないはずです。

理由は歌は言葉で伝える行為でなく、【自分を表現する行為】だから。

また、僕はスピーチをする時とき、理想の喋り方のイメージを明確に持ってから臨のですが、それを意識し始めてからどもって喋れなくなったことは一度もありません。

いっちー

言葉でちゃんと言わないといけない・・・

こう考えてしまうと、どうしても「苦手な言葉」を意識してしまいます。

どもりやすくなるし、伝わる喋り方ができません。

・・・だから【演じる】という行為を選ぶわけです。

✔︎こんな風に喋っているのが理想

✔︎スピーチがうまいあの人のように

✔︎こんなジャスチャーや表情をしながら

✔︎間をしっかりとって抑揚のある話し方で・・・

理想のイメージを演じることで驚くほどスラスラと、気持ちよく喋れるようになるのです。

まずは真似をしたいと思える人を見つけよう!

【演じる】ことを意識しましょうと言っても、すぐに実践することは難しいと思います。

ですので、まずは「こんな喋り方ができたらカッコいいな」と思える人を見つけることから始めてみるのはどうでしょうか?

僕もYouTubeや映画でモデルとなる人を探すことから始めました。

セミナー講師でも、俳優でも、アスリートでも、ピンとくるなら誰でも大丈夫なのでぜひ探してみてください。

そしてその人になりきったつもりで、口癖や、喋り方、言葉チョイス、言い回し、間の取り方を真似してみてください。

真似をしてなりきっていると吃音に意識がいかなくなるので、どもる頻度が減ってきます。

そしてそのうち、真似がすっかり馴染んで自分流に昇華されたとき、あなたはとても魅力的な喋りができているはずです。

これは僕も体験して実感のある過程ですので、是非信じてやってみてください。

やった感想など聞かせていただけれ嬉しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA