僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

吃音と緊張の関係性。緊張する場面でどもりやすいのはなぜ?

いっちー

こんにちは!吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

「緊張する場面でどもりやすくなる」というのは感覚的に理解している人が多いと思います。

たとえば、人前でのスピーチや、初対面の人との会話、慣れていない人とのやりとり、会社の電話など。

日常会話は問題なくできる人でもこのような場面になると途端にどもってしまう人も多いようです。

日常会話と緊張する場面、この2つでは一体何が違うのか?

「緊張しているときの思考の傾向」

という視点からこの問題を解説していきます。

あなたが今回の話を理解しておけば、緊張と吃音の関係性がわかります。

その結果、緊張した際に正しい思考ができるようになり、結果的に吃音の症状が改善されます。

ですので、是非最後まで読んでみてください。

吃音と緊張の関係性とは?


吃音者にとって緊張しているときは、吃音に意識が向いています。

「どもったらどうしよう・・・」

「なんかどもりそう・・・」

人前など緊張する場面だと、

「自分は相手にどう思われるんだろうか?」という思考から始まり、

「もしどもってしまったら気持ち悪いと思われちゃうよな…」そんな思考に発展するケースが多いです。

実際は他人はそこまであなたのことをみていないのですが、

そうやって他人からの評価を気にする思考が
【不安】へと進化していきます。

一度不安になると、どんどん不安を肯定するような情報ばかりが入ってきます。

例えば、人前で喋るシーンだと、

✔︎喋りにくいあの人がいる

✔︎あの人にどもっているシーンはみられたくない

✔︎うわ、この言葉苦手やわ…

などなど。

どもるかもという不安を肯定するような情報がたくさん入ってきます。

そしてこの思考が益々どもりやすい体質を作っていく・・・

吃音に限らずですが、不安になっているとどんどん不安の感情が大きくなってしまいます。

初対面の人と対峙するとき、打ち解けていない人間関係、人前にたったとき、こうした緊張する場面でどもりやすいのは【不安】が増幅されて、どもりに意識が向いているからなのです。

逆に、自分一人の空間や、家族、打ち解けた人間関係では基本的に緊張がなく、そこから不安が生まれることもないので、どもりにくいわけです。

この不安な感情を根本的に消す方法をこちらで解説していますので、是非読んでみてください。

吃音者特有の予期不安とは?喋ることへの不安を取り除く方法



なぜ緊張するの?


ここまでの話から、緊張状態のときに不安の感情が生まれることがわかります。

ではそもそも僕らはなぜ緊張してしまうのでしょうか??

✔︎自信がないから?

✔︎過去うまくいかなかったから?

✔︎苦手意識があるから?

✔︎怖いから?

✔︎人の目がきになるから?


様々な理由があると思いますが、緊張を生み出している思考を特定することが非常に大事です。

理由がわからなければ対処することができませんから。

例えば僕は、吃音があったことで接客にすごく苦手意識を感じていました。

お客さんに喋りかけようとしたら第一声が詰まって変な目で見られるし、喋り始めても途中でどもってしまう。

【喋ろうと思ったことを喋る】という皆ができている当たり前のことをできずにいました。

何度もそういったことを経験すると接客すること自体を避けようとしてしまいます。

でももちろんそれでは仕事にならないので、「なんとかしたい」という漠然とした気持ちがありました。

「吃音を治す」と決意したある時から、この辺の感情も徹底的に見つめ直していったんです。

「なぜ僕は接客をすることを怖いと思っているのか?」

緊張の原因になっている思考を特定しようとしたのです。

すると色々と気づけることがあるわけです。

どもることでお客さんから「変な店員だ」と思われるのが嫌なのか?

それとも上司や同僚にその姿を見られてバカにされるのが嫌なのか?

どもると相手から嫌われてしまうんじゃないか、嫌われた結果、孤独になってしまうんじゃないか、寂しい思いをしてしまうんじゃないか・・・

今までは漠然と「どもることが嫌」と思っていましたが、

どもることそのものではなく、どもっているのを相手に見られた結果、嫌われて寂しい思いをすることが怖かったのだと気づくことができたのです。

どう解決する?

この気づきを僕はどうやって吃音の改善につなげていったのか?

結論をいうと、

“吃音ではなく、別のことに意識を向ける”

ということです。

どういうことかというと・・・

僕は先ほどの自分の感情の分析をすることで、

「自分にばかり矢印が向いてるじゃん・・・!」ということに気がつきます。

この図のようなイメージですね。


どもるかも・・・どもると嫌だ・・・どう思われてしまうんだろうか・・・

こんなことばかりを考えていたわけです。

いっちー

こんなことばかり考えていたらそりゃ苦しいわ…


ここに気が付いてから僕は【矢印の方向】を変える努力をしました。

どう変える努力をしたのかというと、

それが【お客さんを喜ばせる】という視点です。

いっちー

自分がどもるかどうかは関係ない、たとえどもったとしてもお客さんを喜ばせることができればOKだ!


もちろん思い立ったからといってすぐに思考を変えることはできません。

しかし、どもりそうなことに不安を感じるたびに

「ああ、吃音に意識が向いているな…自分のことじゃなくてお客さんを喜ばせることを考えよう」

そんな風に思考を変えていったのです。

すると今の自分にでもできることがたくさんあることに気がつきました。

喋るのが苦手でも、その分接客の中で笑顔を見せればいいし、ハキハキ動くこともできるし、返事することもできる、お客さんへの気配りもできる。

そうして【喜ばせること】を考えていると、自分の感情もポジティブになっていき、笑顔も増えます。

気がつくと吃音の症状すらも改善していたのです。

解決法まとめ

以上が緊張状態を打破してどもりを改善する方法でした。

緊張する場面では意識が吃音に向くのでどもりやすいのですが、

そもそも緊張してしまうことにも理由があります。

✔︎誰かに嫌われることが怖い

✔︎恥ずかしい思いをするのがいやだ

✔︎プライドが傷つくのが嫌だ

✔︎人の目が気になってしまう


理由は人の数だけあると思います。

その理由を特定していけば、緊張の解決方法が見えてくるということでした。

僕の例では「どもったらどうしよう」と自分に向いていた矢印を

【お客さんを喜ばせる】という風に向き変えたことがどもりの改善につながりました。

そしてこれはどんな事例にでも応用できます。

あなたの吃音の不安や恐怖も、その原因になっている感情を特定することで必ず解決策が見えてきます。

ですので、吃音が苦しくても諦めずに考えてみてください!

また次の記事で、「どもったらどうしよう」という不安と苦しみを軽減する方法の話をしているので、読んでみてください。

【吃音が苦しくてたまらない人へ】明日からできる4つの苦しみ軽減法!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA