僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

「自分には価値がない」そう思っている人が人間関係を改善するために必要なこと

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

大きなコンプレックスがあってうまく人間関係を作れない。

今回はそんなお悩みに回答していきます。

人間関係を改善してための話は順にしていきますが…まずは安心してください。

今がどんな状況だったとしても、

人間関係をいい感じに作っていくことは可能です。

友達も彼女(彼氏)も作ることはできますから。

そのためにも今回の話はしっかり聞いておいてくださいね。

人間関係に関するお悩み

少しでも普通の人間に見られるためにはどうすればいいですか?

僕は今高2なのですが普通の高校生とは違う人生だと思います。

例えば、インスタをやってない→友達が少ないため。

女の人とうまく話せない→吃音がでてしまう。

年上の人と話せない→吃音がでてしまうといった感じです。

こう見るとほぼ人間関係の問題だとわかりますね。

実際僕は女性の人とか年上の人とかと仲良くなりたい気持ちはありますがうまく話せないので仲良くなれないものだと割り切ってしまってます。

また、男子の友達は小数人しかいないのでなんで生きてんだろうとかたまに思ってしまいますね‥

要するに、誰とでも親しく話せるような人になって輪を広げたいって感じです。

どうすればいいですかねー、また一般的に僕のような人間ってどんな風に思われますかね。

自分的には自分が価値のない人間だ。と思ってしまいます。

皆さんもそう見えると思います。

人間関係を改善するにはまずあなたが変わる必要がある

自分には価値がない…。

そう思ってしまうのはわかりますが、充実した人生を望むであればその思考は変えていかなくてはいけません。

こんな質問を見るたびに思うのですが、多くの人はネガティブすぎです。

ネガティブ思考

自分は無価値だ…



こんなネガティブな考えの人とは、誰も仲良くなりたいとは思ってくれません。

“喜びがあるところ”に集まる

人間にはこの習性があり、喜びがないところには行かないようにするからです。

“喜び”の形というのは色々ありますが…

✔︎一緒にいて楽しい
✔︎居心地が良い
✔︎肯定してくれる
✔︎元気をもらえる
✔︎エネルギーをもらえる


そういった人の元には人が集まります。

逆に、元気がないひと、覇気がない人、ネガティブな人、心が擦れている人…こんな人の元には絶対に人は集まらない。

そこには“喜び”がなく、逆にエネルギーを吸い取られてしまうのが皆感覚的にわかっているからです。

あなたにも「この人と一緒にいると疲れる」と感じる人が一人はいると思いますが、その人とはなるべく距離をおいておきたいと思いますよね?

それと同じで、あなたがあまりにもネガティブで、他人をひがんでいたりすると、周りにはそう思われているということです。

「もしかしたらそんな感じかも…」そう思った人は、少しづつでもポジティブな性格(思考と行動)にシフトさせていきましょう。

そのためには、

“不幸に近づく”行動を減らす
“幸せに近づく”行動を増やす



この2つを意識してほしいです。

詳しい説明はこちらでしていますので、ご一読ください。


嫉妬、妬み、他者との比較…ひねくれた性格を直す方法


他人との比較をやめるべき3つの理由

✔︎友達が少数しかいない
✔︎SNSをやっていないorフォロワーが少ない
✔︎異性の友達がいない


質問者さん同様、このようなことで悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

これらは、“自分の持っている数”と“他人の持っている数”を比較して、優劣をつけようとしているということ。

つまり、他人との比較で自分の価値を決めているのですが、これも見直すべき思考習慣です。

他人との比較がよくない理由として次の3つが存在します。

他人との比較がよくない理由
  1. 比較ゲームに陥り他人を大事にできなくなる
  2. 他人と同じことをしても幸せにはなれない
  3. 無個性=魅力がない


他人との比較をやめることが、人間関係を改善するためにも必要な行動になってきます。

それぞれ見ていきましょう。

①:比較ゲームに陥り他人を大事にできなくなる


他人との比較の一番のデメリットは競争意識にあります。

学校のテストのように、数が大きいほど優れていて、数が小さいほど劣っている…そう考えてしまうことです。

✔︎あいつは友達があんなにいるのに俺は…
✔︎あいつのフォロワー数多い…
✔︎あいつの方が年収が高い…



このように考えてしまうことの何が良くないのかというと、数を競う“比較ゲーム”に夢中になると他人を大事にできなくなるからです。

「数が大きい方が優れている」という価値観を持っていると…

自分よりも多くを持っている人と出会うと落ち込み、妬んでしまう…

自分より持ってるものが少ない人には偉そうになる…

持っている数とか、出した結果で人間としての優劣や魅力を測る思考を持っているとそんな認識になってしまうのです。

客観的に見てこんな人と仲良くなりたいと思うでしょうか?

“喜びがあるところ”に人は集まると言いましたが、比較で人を判断するような人の元にいても喜びよりも、居心地の悪さの方が大きいはず。

だからやっぱり比較は良くないんです。

②:他人と同じことをしても幸せにはなれない


仮にこの質問者さんが、周りの人と同じようにインスタグラムを初めて日常を投稿して、周りの人と同じようにバイトでもして知り合いを増やして、周りの人と同じように友達とつるんで…

そんな風に周りの人と同じようなことをしても、おそらく満足感や充実感は得られないんじゃないかと僕は思います。

理由はいたって単純で、周りの人とあなたは違うからです。

求めているものが違うし、好きなことも違うし、何を楽しいと思うのかも違うし、大事にしているものも違う…

何もかもが違うわけです。

この世に誰一人として全く同じ感性を持った人間は存在しませんからね。

…この事実を考慮せず、「周りの人がやってるから」と言って同じことを始めてみても、「思ってたなと違う」となってしまう。

この状況を回避して、人生を充実させるには、“自分にとって”の幸せを考えなくてはなりません。

✔︎何をやっている時に楽しいと思うのか
✔︎誰と一緒にいるのが幸せなのか
✔︎何をやっている時が満たされていると感じるのか



多くの人が、このようなことを知らないから、盲目的に他人と同じような行動をして、満たされないと感じてしまうのです。

この状況を抜け出すには、“自分にとっての幸せ”を落ち着いて考えてみることです。


吃音、身体的特徴。コンプレックスまみれの人が自分を変えて幸せになる方法


③:無個性=魅力がない


「どうすれば普通の人間になれますか?」

質問者さんはそう仰っていますが、

普通の人間って何なんでしょうか?

…正確にはわかりませんが、会話も勉強も仕事もそれなりにできて、周りに馴染めている状態…こんなところだと思います。

今悩んでいる人からしたら“普通の状態”になれるものならなりたいと思うのでしょうけど、

そんな風に自分の個性を削って、周りに合わせるような生き方は絶対に面白くないと思いますよ。

・・・

普通になるということは、個性を取り払うことと言えると思いますが、無個性になる=魅力がなくなることを意味していますからね。

例えば、最近はどのお店に行っても同じような洋服が置いてありますが、面白みをあんまり感じないでしょ?

…魅力がなくなってしまったら、あなたのことを好きになってくれる人も一気に減ってしまいます。

吃音があって喋り方に特徴があるのも、シャイで本音をなかなか伝えられないのも、“自分の個性”と捉えることができます。

そういった個性がしっかりあった方が、「〇〇さんらしい」と評価されるようになるのです。

昔の僕は喋り方を真似されるのが嫌で仕方がありませんでしたが、今は真似をされても別にいいかなと思っています。

理由は、「いっちーらしい」と思われることで個性は際立つし、他人と差別化できるからです。

そしてこれが、僕の魅力にも繋がっていると考えています。

他人と違うところを“弱点”と捉えて取り払おうと考える人が多いのですが、それが残っていた方が個性になり、魅力に繋がることも多々あるのです。

だから、普通(=無個性)を目指すのはどうか辞めてほしい。

他人と違うところが際立って周りから面白がれる、

そんなあなたになることができるのですから。

人間関係を構築していく2つのコツ

他人と比較することにあまり意味がないことは何となく理解していただけましたか?

・・・

それでは最後に、仲良くなりたい人と関係を作っていくための2つのコツをお話しします。

とても簡単かつ効果の高いものなので明日からでも実践してみてください。

人間関係構築のコツ
  1. ザイアンスの法則を活用する
  2. 一番の特徴を褒める


①:ザイアンスの法則を活用する

これは単純接触効果とも言われ、

人間関係の親密さは、接触回数、接触頻度が多ければ多いほど増大する

ことを言います。

つまり…顔を合わせたり、話したりする回数、頻度が増えるほどお互いに対する好感度が高まる、という極めてシンプルな法則があるので、これを活用しようということ。

この法則を活用するために一番やってほしいのが、“挨拶”です。

できれば、あなたの方から毎朝、「おはようございます」と明るく挨拶することをやってください。

別にそのあとに話をしようと思わなくていいです。

ただ挨拶をすることを目標にしてチャレンジしてみてください。

僕も何度か経験しましたが、最初は挨拶だけだったのが、徐々に世間話をするようになっていつの間にか仲良くなっていた…

そんな経験あなたにも一度はあるのではないですか?

友達を増やしたいと思う人は、日頃から会う人にあなたの方から明るく挨拶をすることから始めてみてください。

関係構築のキッカケを得られるはずですよ。

②:一番の特徴を褒める


挨拶に慣れてきたら次にやってほしいのが、相手を褒めることです。

“喜びがあるとこ”に集まる習性が人にはあるという話をしましたが…

よく褒めてくれる人の元には必ず人が集まります。(だって嬉しいから)

だから、あなたには人を褒めることを意識してほしいのですが、

そのときに見るべきポイントは、目の前の相手が“一番際立っている”部分です。

一番際立っている部分というのは、その人が一番意識が高く、一番頑張っているポイントなので、そこを褒められると嬉しいわけです。

例えば…

✔︎髪型が特徴的な人は髪型にこだわっているし

✔︎おしゃれな靴やバッグを持っている人はファッションにこだわっているし

✔︎筋肉質な体をしている人は肉体にこだわっている。

ここを褒められて嬉しくない人は恐らくいないはず。

あなた

あの人の際立っている部分はどこだろう?



是非この視点で日頃から周りの人を観察してみてください。

相手が喜んでくれるような雑談ができるようになりますよ。

人間関係を改善する方法まとめ

今回の話は以上です。

「自分には価値がない」まずはこのネガティブな思考を外してポジティブな性格にシフトしていくために、

✔︎不幸に近づく行動を減らし
✔︎幸せに近づく行動を増やす



このことを説明しました。

そして、自分は他人よりも劣っているという“比較”を辞めてもらうための話もしました。(比較をやめると本当に楽になるので必ずやってほしい)

そして最後に、今から人間関係を構築していくための簡単な2つのコツをお話ししました。

今回お話ししたことを少しずつでも実践してもらえば、これで人間関係や人生がよくならないことは絶対にありません。

まさに僕もこの手順で人生を充実させてきたので、安心して取り組んでほしいです。

この方法で人間関係を改善していってくれれば嬉しいです。

※人間関係を改善するためには、“愛されないマインド”を取り払う必要もあります。

次の記事でその話をしていますので、併せてお読みください。


吃音がある人の友達の作り方。1つの重要マインドとメソッドを紹介



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA