僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

吃音が出やすい性格とは?ある1つの共通点を解説!

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

あなたは“吃音者の共通の性格”を知っていますか?

実は、吃音が出やすい性格というものがあって、吃音に苦しんでいる人は、例外なくその性格の一面を持っています。

ぜひあなたの性格と照らし合わせて読んでみてください!

吃音は性格の問題ではない


共通点をお話しする前に、絶対に理解しておいて欲しいことがあります。

それは、吃音は世間一般的に言われるような性格の問題ではないということです。

一般的な吃音者のイメージといえば・・・

神経質
デリケート
臆病
内向的



こんなところだと思いますが、これは完全に間違っています。

確かに上述したような性格の方もいますが、目立ちたがり、負けずらい、強情、完璧主義、結果主義の人も、実は同じくらい存在しているんです。

吃音者の性格を一括りにすることはできません。

今まで言われてきた一般的な性格のイメージではなく、これからお話しする、吃音者の性格の共通点が重要なのです。

吃音者の性格の共通点とは?


吃音者の性格の共通点、それは…

“感受性”の高さです。

外界からの刺激を強く受け取ることができる能力



感受性を言葉で表すとこんなところでしょう。

もっとわかりやすく表現すると、

✔︎優しすぎる人

✔︎愛が深すぎる人

✔︎深く考えてしまう人

✔︎他人の気持ちがわかりすぎる人

などなど…

外界(出来事や他人の感情)に敏感で、強く共感できる性質を備えていることです。

また、“精神状態が身体に現れやすい”という特性も持っており、感情が揺れ動いたときに、腹痛や、頭痛になって身体に現れたりすることもあります。

僕の性格の特徴

これは、僕の性格を考えてみても、かなり説得力があります。

僕は昔から、誰かを傷つけてしまったりすると、それがずっと気になる性格でした。

学生の頃って、悪気はなくても、その場の雰囲気やノリで他人を傷つけてしまう時ってありますよね。

その時は面白がっていても、後から大きな後悔を感じるわけです。

なんであんなことやったんだろう
あの子傷ついて泣きそうになってたじゃん
申し訳ないことをしてしまった、本当にごめん



自分が傷つけてしまった相手に感情移入して、どんな気持ちなんだろう?あの子の家族はなんて思うんだろう?などと考えて、胸がキューっと苦しくなることがよくありました。

また、僕は他人の顔色を見れば、その人の感情がだいたい想像つきます。

吃音に苦しんできたから、人の痛みがわかるし、小さい頃から人の顔色を見て育ってきたので、パッと感じ取り、だいたいが当たっています。

あなたにも思い当たることはありませんか?

感受性のメリット、デメリット

どんな性格にもメリットがあれば、デメリットがありますよね。

たとえば、“優しい”という性格でも、

他人に安心感を与えることができるというメリットと、

周りに流されやすいというデメリットがあります。

これと同じように、感受性の高さにもメリット、デメリットが存在します。

感受性の高さのメリット

✔︎他人に優しくなれる

✔︎家族(大切な人)を大切にできる

✔︎物事の本質に気づける

✔︎人生で成功できる可能性が高い

僕が考える、感受性が高いことによるメリットはこんな感じです。

上述したように、感受性の高い人は他人の気持ちがわかるし、感情移入するので、人に優しくなれます。

誰かが喜んでくれることに喜びを見出す人も多いので、関わる人に喜び、愛情を与えることができるのです。

また、1つの物事に対してもより深く考えることができるので、本質に気づくことができる。

“成功者には感受性の高い人間が多い”

という研究結果があるようですが、本質に気づける人間が成功する確率が高いのは当然のことだと思います。

感受性の高さのデメリット

✔︎精神的な苦痛が表面化しやすい

✔︎つまり吃音(どもり)も出やすい

✔︎悩みやすい

✔︎落ち込みやすい

これが感受性が高いことによるデメリットです。

一般人に比べて外界の刺激を強く受け取るので…

それがネガティブなものだったとしても、強く受け取ってしまいます。

その結果、腹痛や、頭痛や、その他身体的、心理的な苦痛になって現れることがあります。

そして僕たち吃音者は、どもりの症状に苦しんでいますよね?

「吃音は怖い」

「どもって笑われた」

「からかわれた」

「ちゃんと喋れず怒られた」

そんな経験をすると、その時の感情、痛みを、周りの人の何倍も強く受け取ってしまうので、さらに吃音が怖くなってどもりやすくなってしまうわけです。

感受性の恩恵を得て生きるには?

僕は現在、感受性の高さの恩恵をかなり得ています。

なぜかというと、吃音を克服してどもりの不安が無くなったからです。(感受性の高さのデメリットの部分をかなり克服した)

その結果、まず仕事にいい影響を及ぼしました。

洋服販売でどんどん商品が売れるようになっていったのです。

その理由は、お客様の考えていることが誰よりも理解できるし、共感できるからです。

そして販売においての本質も考えることができるので、何となく仕事している人に比べて、成長のスピードも速かったです。

より多くのことを受け取り、実践できるから人よりも結果が出たということです。

・・・

さて、ではどうすれば感受性の恩恵を得て生きることができるのか…

やはり、一番は

“吃音を克服すること”です。

精神的に吃音を乗り越えれば、感受性の高さのデメリットの部分が消滅して、あなたは人生においての成功を掴むことができます。

これは僕自身の経験からみて、間違いないと断言できます。

ですので、吃音克服の道を探すのが一番おすすめです。

しかし…

あなた

吃音克服って難しそうだし、時間かかるじゃん…



そう思う人は、まずは“なるべくいい気分”で毎日を過ごすことを意識してみてください。

僕たちは感受性が高いので、精神状態が表面化しやすいです。

なので、“いい気分”で過ごすだけでも吃音の症状は随分軽くなります。

こちらでそのための方法をお話ししています。

【吃音が苦しくてたまらない人へ】明日からできる4つの苦しみ軽減法!


まとめ

ここまで吃音者の性格の共通点をお話ししてきました。

ここまでの内容をまとまると、

吃音は性格の問題ではないが、

“感受性の高さ”という共通点が吃音者にはある。

そして感受性の高さを武器に、自分の人生をより良いものにするためには、

吃音を克服すること
良い気分で過ごすこと



この2つが重要です。

これからどうやって克服するのか?どうやったらいい気分で過ごせるのか?

をより詳しくお話ししていきます。

次の記事で僕がどうやって吃音を克服したのか、その全てをお話ししています。

是非読んでみてください!


電話も取れなかった僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法を徹底解説!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA