僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

【吃音で仕事を辞めたいと思っている人へ】カミングアウトのすヽめ

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

吃音がどうにもならないから仕事を辞めたい・・・

でも職を失いたくはない・・・

そんな風に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

僕も以前同じように思っていたのでその気持ちはとてもよくわかります。。。

「苦しくて仕方がない」

「毎日吐きそうな気持ちで職場に行っている」

そんな状況であれば辞めるのも一つの手段かもしれません。

しかし、先のことを考えるとできれば辞めたくないという気持ちがあるのであれば、

これから紹介することを是非やってみてください。

必ず現在よりも吃音の苦しみが軽減し、仕事をしやすくなるはずです。

吃音で仕事を辞めたい人の苦しみとは?

僕も吃音の症状がひどい時は、本当に仕事が苦痛でした。

僕がその時に苦しんでいた3つのことがあるのですが、

これは多くの【吃音が苦しくて仕事を辞めたい人】に共通していると思います。

それが以下の3つです。

  1. 電話対応が辛すぎる
  2. 同僚・上司にどう思われているか不安で仕方がない
  3. 人間関係がうまくいっていない

どうでしょう?

当てはまっていませんか?

ここからはそれぞれ僕の事例をもとに解説していきたいと思いますが、

是非あなたの状況に照らしわせて考えてみてください。

苦しみ①:電話対応が辛すぎる


お客様対応、業務連絡、朝礼などを抜いてぶっちぎりの苦しみと恐怖があるのは間違いなく電話対応でしょう。

吃音が苦しくて仕事を辞めないと思うNo. 1の理由です。

例に漏れず僕もそうでした・・・

職場の電話はこちらの気持ちに関係なく無情にも鳴り響きます。

仕方がなく電話を取りますが、「お電話ありがとうございます」が詰まってどうしても言えませんでした。

いっちー

・・・お!、お、・・


ひどい時だと5秒以上何も言えず、相手先が「もしもーし」といってきたら「すいません、〇〇です」と会社のルールを完全無視した対応をしていました。

あるいは永遠に言葉が出てこない感じがして、無言のまま切ってしまったこともあります。

また、こちらから相手に電話した時もどもりまくって上司に指摘されたこともなんどもあります。

一時期はその状態が3ヶ月ほど続いたので、職場に行くのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。

毎日傷付きにいっているようなものでしたから・・・

苦しみ②:同僚・上司にどう思われているか不安で仕方がない


電話を取る(かける)度に周りの目が気になって仕方がありませんでした。

だって電話をとったのに何も言わない、あるいは「お、お、お、」と詰まっている姿をみられるのはあまりにも恥ずかしいですからね。。。

電話を取る時は無理ですけど、かける時は常に周りに社員がいないことを確認してからかけるようにしていました。

いっちー

周りから俺ってどんな風に思われてるんだろう?


ということが気になって仕方がなかったです。

おそらく、

✔︎変なやつ

✔︎気持ち悪いやつ

✔︎電話もできないやつ

✔︎挨拶もできないやつ

そう思われていると思い込んでいました。

自分を卑下したくはありませんでしたが、客観的に観たら異常な状態だと認めざるを得えませんでした。

すごく辛かったです・・・

だから職場にいって、同僚や上司と顔を合わせるのが苦痛で仕方がなかった。

特に同期の子に「なんて思われてるんだろう」というのが怖かったです。

苦しみ③:人間関係がうまくいっていない


そういった状況だったので、うまく職場の人間とコミュニケーションが取れていませんでいた。

「電話対応どうかしたん?」

「苦手なん?」

など電話対応のことに触れられたくないという気持ちも強く、コミュニケーションの輪の中に入ることを避けていました。

一人で過ごしている時間が多かったです。

電話が辛すぎて一時期は鳴っても気づかない振りをして、出ることを避けていましたが、

上司

なんででくれんのん?
ちゃんと出て!


上司にそう指摘されることもあり、ビクビクしていました。

上司からしたら

“言ったことを全然やってくれない部下”

そう見えていたと思うので

一時期はすごくあたりが強かったです。

僕も上司を避けていたので非常に悪い空気が流れていました。

3つの苦しみを一気に解決する手段

ある時、「このままではまずい」「なんとかしたい」と思うようになりました。

実は僕の中で以前から

「これしかないんじゃないか」と思っていたことがありました。

それが“上司・同僚に吃音を打ち明けること”です。

つまり吃音であることのカミングアウトです。

もちろん

「僕は吃音者です」

と打ち明けることには緊張や受け入れてもらえないかもしれない恐怖はありましたが、

やってみて感じたのは「素晴らしい方法だ」ということです。

「もっと早くにやっておけばよかった」とも思いました。

理由は、今までの3つの苦しみが一気に改善されたから。

ここでその理由をみていきたいと思います。

上司に吃音を打ち明けた時のはなし

「相談したいことがあるので30分ほどください」

そうお願いして二人きりの空間を作って上司に打ち明けました。

いっちー

吃音ってご存知ですか?実は僕は昔から吃音を持ってまして、どうしても言いにく言葉があるんです。最近症状がすごくひどくて特に電話が辛いんです。電話を取っても言葉が出てこないんです・・・


そう素直に打ち明けました。

上司がどういう反応をするか全く読めなかったので正直打ち明けることに不安がありました。

「もしかしたら受け入れてもらえないかもしれない・・・」

そんな気持ちもありましたが・・・

しかし意外にも上司は

上司

あ、そうだったんだ。それは辛いな・・


と共感してくれました。

そして、「わかった。じゃあ俺ができる限り電話取ったりするから安心して」と積極的に協力してくれたのです。

それからその上司と一緒にいるときは「この人が代わりに電話を取ってくれる」という安心感があったので今までにないくらいリラックスして仕事をすることができました。

・・・

その後、近い距離のもう2人の上司にも同じように打ち明けて、理解してもらうことができました。

いっちー

これでみんなに理解してもらえた


そんな安心感を得ることができ、今までのような一人で思い悩む恐怖から解放されたのです。

カミングアウトしたことで、1つめの苦しみの電話対応の恐怖を軽減することに成功したし、2つめの苦しみのどう思われているのか不安も解決することができました。

そして3つめの苦しみの人間関係も僕の吃音の苦しみを理解してもらったことで、以前のようなギスギスもなくなり、改善することができました。

つまり、カミングアウトは・・・

【吃音で仕事が辛すぎる】の苦しみの原因のほとんど全てを改善してくれる素晴らしい手段だったのです。

重要なのは周囲が理解してくれていること

ここまでの話を聞くと、

「僕の職場は吃音を相談しても電話を代わりに取ってくれるようなことは絶対にありません」

などと思われた方もいるかもしれません。

もちろん職場環境、ルールは違うので、僕の例は全員に当てはまる訳ではないと思います。

ただここで強調して言いたいのは、吃音があって仕事が辛すぎる人は職場の人間に打ち明けて「吃音がある」ことを理解してもらうことが大切ということ。

理解させしてもらえれば、

「どう思われてるんだろう・・・」

「変な奴って思われてるかもしれない・・・」

こういった評価を恐れる気持ちがかなり薄くなります。

これが重要なんです。

僕は別に代わりに電話を取ってもらえなかったとしても症状や精神状態は改善していたはずです。

だって「あの子には吃音がある」とわかっているから、たとえ僕が電話でもごもごしていても、「なんだあいつ」とはならないじゃないですか。

わかってさえもらえていれば、

「たとえどもったとしても大丈夫だ」

という心の保険ができるんです。これが大きいわけです。

打ち明けた方がいいひとは?

以上をまとめると、

多くの【吃音が苦しくて仕事を辞めたい人】に共通するであろう

  1. 電話対応が辛すぎる
  2. 同僚・上司にどう思われているのか不安で仕方がない
  3. 人間関係がうまくいっていない


この3つを一気に改善してくれるのが、

打ち明けること(カミングアウト)

だということでした。

では、最後にこういう人は打ち明けた方がいいと思う人を挙げておきます。

✔︎吃音で仕事は辛いけど、先のことを考えたらできれば辞めたくない人

✔︎仕事自体にやりがいは感じている人

✔︎信頼できる上司や同僚が少なくとも1人や2人はいる人

逆に、仕事自体にやりがいも全く感じていなくて、信頼できる同僚が一人もいない人は、打ち明けても状況が変わらない可能性があるということです。

しかし、そういった人も少ないかと思いますので、悩んでいる方は一度「打ち明ける」ことも是非検討してみてください。

あなたの仕事時間が少しでもよくなることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA