僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

【社会人1年目の方へ】吃音の苦悩と治し方を徹底解説!

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

吃音を持っている人の社会人1年目は不安がとても大きいと思います。

周囲は「早く仕事を覚えなきゃ」くらいのストレスですが、

吃音者はそこに「言葉が出てくるかどうか」の心配も乗っかってくるので、不安は5倍以上だと思います。

実際に僕もそうでした。

毎日が吃音の大きな不安との闘いで・・・

たくさんどもり、たくさん指摘され、鬱状態になりかけました。

今回この記事を書こうと思った理由が、あなたには僕と同じような苦しみを味わって欲しくないからです。

今回は、僕が社会人1年目に吃音で苦しんだことと、どうやって治したのかの治し方を解説しますので、必ず読んでみてください!

僕が吃音で苦しんだことは?

まず僕が社会人1年目の時に苦しんだことをお話しします。

おそらく多くの人に共通するところだと思いますが、それは以下の3つです。

社会人1年目の時に苦しんだこと
  1. 電話対応
  2. 接客(お客様対応)
  3. 上司との人間関係

苦悩①:電話対応

これが断トツで大きな苦しみでした。

おそらくあなたも一番不安に感じているところだと思いますが、本当にたくさんの苦しみがありました。

どんな苦しみがあったかというと・・・

僕の会社はお店単位で仕事をしています。

なので、朝出勤すると別店舗に電話で「出勤しました」と出勤連絡をすることが義務付けられていたんです。

新人の僕が出勤連絡をすることが多かったのですが、まずその電話が無理でした。

電話をかけて相手がとっても、「おはようございます。〇〇です」の「お」が詰まって出てこないんですよ・・・

「お、お、おはようございます」みたいな喋り方になって、相手が不思議がったり、クスクス笑ったりするのが受話器越しに聞こえてきて傷ついていました・・・

これは後から聞いたんですが、電話先の店舗の責任者が

責任者

あの子は電話対応がなってない


といっていたそうです。

言葉が詰まって出てこないだけのに・・・

普通にショックでした・・・

また仕事をしているとお店に頻繁に電話がかかってきます。

取りたくはなかったですが、自分が電話の近くにいたら取るしかありません。

「・・・お、お、・・・」ひどい時は5秒くらい沈黙が続き、相手から「もしもーし」となんども言われていました。

どしても言葉が出てこない時は、無言のまま切ってしまったこともあります・・・

・・・

・・・

とにかく電話対応が嫌で嫌で仕方がありませんでした。

「嫌」という軽い言葉では言い表せないくらいです。

電話の近くに行くだけで、呼吸が早くなり、心臓がバクバクして、口を塞がれているような「殺されてしまう」くらいの苦しみがありました。

周りの上司や同僚は電話を取ったら当たり前にスラスラ喋っていて、それを見るたびに

「なんで俺はこんな当たり前のことすらできねぇんだよ・・・」

強烈な劣等感を感じていました。


苦悩②:接客

僕のメインの仕事は、店舗に来店されたお客様に接客をして商品を買っていただくことです。

だから喋ることが仕事な訳ですよ。

でも吃音があると「言えない言葉」「詰まる言葉」がたくさんあって、その度に「えっと、え、え、・・」みたいに詰まってしまいました。

お客様からは「こいつ大丈夫か?」「緊張してるのか、新人君?」そんな見下されているような視線を送られるのが本当にショックでした・・・

その中でも一番僕を苦しめていたのが、

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」の挨拶です。

こういった挨拶に苦手意識を持っている吃音者は多いのですが、僕もまさに挨拶は大の苦手で・・・

お客様がご来店するたびに「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」は言わないといけないのですが、本当に言葉が出てこない・・・

苦し紛れに、お辞儀だけしていた時もありますが、上司から「挨拶ちゃんとやって!」と強い口調で指摘されることもあり本当にしんどかったです。

苦悩③:上司との人間関係

✔︎電話対応が基本通りできない

✔︎別店舗の責任者から指摘を受ける

✔︎お客様への挨拶もちゃんとできない


おそらく上司の中で僕は、【問題児の新入社員】という認識だったんだと思います。

だからあたりが強かったですよね。。。

業務以外のところではあまり話もしてくれませんでしたし、僕に仕事を振る時も「これやっといて」と言い方がすごく冷たかったです。

上司の対応に正直僕は憤っていましたけど、「まあ吃音のことは上司は知らないし、客観的に見たら俺は言われたことも全然できてないもんなぁ」と思うしかありませんでした。

吃音の恐怖、上司からの冷たい対応、ダブルパンチを食らっていたので本当にあの時はきつかったです・・・

その苦しみにどう向き合ったのか?

しかし、現在の僕は吃音を克服し、当時の上司とはすっかり良い関係を作れています。(辞めた人もいますが)

冗談も言い合えるし、何なら僕から接客のアドバイスをすることだってあります。

批判や否定をされることは一切なくなりました。

仕事時間が吃音の恐怖やストレスが一切ない、気楽な状態に変化したのです。

じゃあどうやってそんな状態になることができたのか?

僕は【ある2つのこと】を実践しました。

それが以下の2つです。

  1. 上司に「吃音があること」を打ち明け相談することにした
  2. 根本的な解決を目指した

取り組み①:上司に「吃音があること」を打ち明け相談することにした

吃音の苦しみと上司からの冷たい対応のダブルパンチにあってからしばらくして、「このままだとどうにもならない」と思い始めました。

「どうにかせねば」と思って、悩んだ結果、上司に素直に打ち明け、相談することにしたのです。

誰かに吃音のことを打ち明けるのはめちゃくちゃ緊張したし、不安もありましたが・・・

意外にもすんなり受け入れてくれて、そこから徐々に吃音の苦しみと人間関係が改善されて行きました。

これがその時の話です。

【吃音で仕事を辞めたいと思っている人へ】カミングアウトのすヽめ


吃音のことで悩みまくっている人は、是非この中で話していることを参考にしてみてください。

必ず現在よりも苦しみは楽になるはずです。

取り組み②:根本的な解決を目指した

しかし上司に相談しただけでは吃音は治ってはいません。

不安や苦しみは小さくなりましたが、症状や症状に伴う苦しみは残ったままです。

「とりあえず上司には相談して楽にはなった。でもこのままだとまた苦しい思いをしてしまう・・・」

そう考え、僕は根本的に吃音を治すことを決意しました。

そんな時にあるプログラムに出会い、

そのプログラムを実践した結果・・・

✔︎ 2ヶ月で吃音の症状が改善!

✔︎ 一番の恐怖だった電話対応にも恐怖を感じなくなった。

✔︎ 第一声がスッと言えるように!

✔︎どもる頻度の激減。

✔︎ 仕事の接客でも自分の伝えたいことをスラスラ言えるようになる。


こんな嬉しい結果を得ることができたのです。

こちらの記事で詳しい解説をしていますので、是非読んでみてください。


電話も取れなかった僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法を徹底解説!!


最後に

吃音者の社会生活は苦しいことが本当にが多いです。

しかもそれが社会人1年目となると余計に・・・

「これから社会人として立派に頑張って行きたい!」

そんな熱い気持ちがあっても、吃音の苦しみに打ち砕かれてしまう人が、悲しいですが多いのが現実です。

僕も小さい頃は大人の生活に夢や希望を持っていましたが、実際になってみると鬱寸前まで追い込まれ、生きる希望すら見えなくなってしまっていました。

そんな悲しい生き方をして欲しくない!


そう強く思います。

正しく向き合えば、僕のように吃音の苦しみから解放されて、楽に生きることができます。

ですので、あなたも諦めずに吃音に向き合って欲しいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA