僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

指摘や怒っている時にはどもらない!?どもりにくい場面の2つの特徴

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(プロフィール)です!

こういうシーンではどもりにくいんだよなぁ…

あなたにはそう感じる場面がありませんか?

今回は、あまりどもらない場面の特徴をお話ししていきますが、

今回の話を知っておけば、どもらずに喋れる機会が少し増えるはずです。

使えるテクニックの話なので是非実践してみてください。

吃音に悩む人に参考になる意見

症の方って腹が立ったり責め立てるような場面の時は、スラスラ言葉が出ると聞きました。

そして事実私の知り合いの方にもそういう方がいるのですが、

吃音症でない人もそういう現象っておこりますか?

指摘しているときはどもらない?どもりにくい場面の2つの特徴


この質問を見つけた時、

「吃音に悩む人にも伝えたい」と思ったので今回の話をしていきます。

今回の話を簡単に説明すると…

「あまりどもらない場面」の共通点(特徴)を知り、それをどもりやすい場面に応用しようということ。

あまりどもらない場面に関してですが。

例えば、あなたが部下や後輩に指導している場面をイメージしてみてください。

こんな場面ではどもらず、「言いたいことを言えている」ことが多いのではないでしょうか?

(もちろん多少のどもりはあると思いますが)

あるいは、質問者さんが仰るように、誰かに対して怒っているときにもどもりは出にくいと感じるはずです。

(言葉を噛むことはあっても吃音者特有の言葉が出てこない感覚を感じにくい)

ではなぜこの場面ではどもりにくいのか?

それは次の2つの特徴があるからです。


どもりにくい場面の特徴
  1. 心理的な立場が対等or上
  2. 伝えたいメッセージがある


それぞれ説明していきます。

心理的な立場が対等or上

誰かに指導しているときや、怒っているときは、心理的な立場があなたの方が優位になっていることがほとんどです。

あなた

先輩後輩という関係なら当たり前でしょ。



そう思うと思いますが、

ここで注目したいのは、「心理的な立ち位置」

例え相手が部下や後輩であったとしても…

✔︎嫌われたくたい
✔︎どう思われているのか不安



こんな感情を抱いているのだとしたら、心理的な立場はあなたの方が下、ということになってしまいます。

これは何も、「立場が上の方が偉い」「後輩なんかに媚びるな」、みたいな事を言いたいわけではなく、

「心理的な立場が下」だと、言葉が出てこないと感じることが多くなりますよ

ということを伝えたいのです。

吃音は「相手からどう思われるのかわからない不安」が大きい場面で起こりやすい現象です。

例えば電話などはこの典型例。

相手の顔が見えないので、どう思われているのかが極めてわかりにくい。

だから恐怖が大きくなって声が出ないのです。

ちなみに、仲の良い人や、心を許している人への電話だと意外と喋れるという人は多いし、僕もその経験はあるのですが…

あれは「この人の前ではどもっても大丈夫」という安心があるから逆にどもらないのです。

話が若干逸れていますが、

心理的な立場が対等、または上の場面ではどもりにくい、と。

上述の指導や、怒っている場面というのは、あなたの方が相手よりも優位な立場にあることを意味しています。

また、安心できる人の前ではどもりにくいというのは、対等な立場でリラックスできることを意味しているのです。

伝えたいメッセージがある

誰かに指摘指導するときは、「伝えたいメッセージ」があると思います。

✔︎これを教えてあげたい
✔︎こっちの方が効果的なことを教えてあげたい
✔︎間違いを正してあげたい
✔︎これをやってもらいたい



これらを伝えることに一生懸命になっているはずです。

または誰かに腹を立て、怒っているシーンでも少なからずこの特徴があります。

✔︎あなたのそれは間違っている
✔︎こっちの意見を受け入れてほしい
✔︎そんなんじゃダメだぞ



こんな感じのことを伝えたいという気持ちが確かにあるはずです。

「伝えたいこと」を伝えることに一生懸命になっている場面ほど、実はどもりにくいのです。

結局のところ。

どれだけどもり(吃音)から意識をずらすことができるのか

という話になってくるのですが。

これには、「目的を変える」ことが一番効果が高いと僕は実感しています。

「相手からどう思われるのかわからない不安」が大きいときにどもりが起きやすいと言いましたが、

どもりの不安を感じているときは、「どもらないようにすること」が目的になっていると思います。

この目的を変えてほしいのですよ。

どもらないように→〇〇をする、に。

この〇〇の部分には…

✔︎これを伝えたい
✔︎こんな風に印象付けたい
✔︎こんな風に思ってもらいたい



など、目的になるようなものを入れます。

目的を変えて、どもりから意識をずらすことさえできれば…

どもらず喋ることはそんなに難しいことではないのです。

吃音者が苦手な場面に当てはめてみる

この2つの特徴を、「どもりやすい場面」にも当てはめていこう

というのが今回の話の本題です。

心理的に優位な立場に身を置く、という話に関しては以前に詳しく語った記事があるので、そちらをお読みください。

「お電話ありがとうございます」が言えない?電話の最初の言葉をスムーズに出す3つのコツ


ここからは、「目的を変える」にフォーカスして、そのための具体的な方法の話をしていきます。

苦手な場面での目的を変えよう
  1. 電話のときは元気よく
  2. スピーチプレゼンのときは堂々と
  3. 初対面の相手には理解を示す


電話のときは元気よく


電話の際に「どもらないように」と考えるのは自殺行為だと僕は思っています。

✔︎電話になると途端に声が出なくなる
✔︎10秒以上声が出ない
✔︎相手が「もしもーし」と言ってきてようやく声が出る



そんな人がかなり多いほど、電話は吃音者にとって難敵なのです。

その電話に対して、「どもらないように」「どもってはいけない」と考えるのはさすがに酷だと思います。

それでは自分がかわいそうです。

なので思い切って目的を変えてしまいましょう。

これからは「元気よく」喋ることを意識してみてください。

電話がかかってきて自分がとるしかない状況なのであれば、

テンション高く勢いよく出てしまう。

「やばい、どもるかも、どうしよう…」

こんな思考が入り込んでしまう余地を可能な限りなくしましょう。

僕も電話が鳴ったらすぐ出ることを実践していましたが、どうせ出ないといけないのだとしたら、コール音を聞いて焦っているその数秒が無駄です。

無駄というか、益々電話に出るのが怖くなってしまいます。

なので勢いでパッと出て、明るい口調で元気よく喋ることを目標にしてみてください。

判断基準は、

“どもってしまったとしても、元気よく話せたかどうか”

です。

この思考にシフトし始めると、思っている以上に電話で話せるようになります(まじです)。

そして話せる機会が増えると、電話も大丈夫か、と思えるようになって随分と楽になれますよ。

オススメです。

スピーチプレゼンのときは堂々と


スピーチやプレゼンのシーンでは、「伝えたいこと」が明確にあると思います。

それを堂々と聴衆に届けることを目的にしてみてください。

堂々と振る舞おうと思ったら、

✔︎アイコンタクト
✔︎立ち姿
✔︎表情
✔︎声のトーン
✔︎喋るスピード
✔︎間の活用


など、様々なことに意識を向ける必要があります。

それを意識すればするほど、どもりへの意識が薄れ、どもりにくくなる、と。

こんな、流れがあるわけです。


吃音があってもスピーチをやり遂げる1つの視点。朗読、プレゼン、商談、電話全てに応用できる考え方


初対面の相手には理解を示す


初対面の人と話をするときにどもりが出やすいという人も多いです。

「変な人に思われたくない」というのが恐らく原因かと思いますが、

これは自分に矢印が向いていることが原因です。

僕のオススメは、「相手を知ること」に意識を切り替えることです。

人は自分に興味を持ってくれる人に好意を抱く生き物でもあるので、それも踏まえて「相手のことを知る」ことに時間を使いましょう。

相手の事を知るためにはどうすればいいのでしょうか?

会話の中に質問を入れたり、相手の話に対してしっかりリアクションをしていくことが大切です。

僕自身の過去を振り返ってみても仲良くなれた人、楽しかったコミュニケーションは、質問とリアクションがしっかりできていた。

「その服オシャレですね~どこのやつですか?」

「あ、そうなんなんですね~。そういう系の服が好きなんですか?」



初対面やまだ浅い関係の人は、性格などがあまりわからないと思います。

なので、まずは見た目、身につけているものの「第一印象」にコメントする形で質問をして、そこから理解を徐々に深めていく。

この流れをとると仲良くなれることも増えるし、

「相手を知る」ことに意識が向いているのて、どもらず喋れる事を実感してもらえると思います。

どもらず喋る機会を増やす方法まとめ

今回はちょっとしたテクニック的な話でしたが、

「目的」を意識して、必要に応じて変えていけるようになれば、どもらずに喋れる機会は確実に増えるはずです。

意識し始めた頃は、今まで通り「どもらないように」と考えてしまうと思いますが、

目的意識は考える機会が増えるほどに効果を発揮します。

1日1回でもいいので、「〇〇を意識する」と考えてみてください。

また次の記事では、今回とは逆で、

「どもりやすい場面の特徴を知って、そこに対策を打つ」

という話をしています。

今回の話と組み合わせると、さらにどもらずに過ごせる時間が増えるはずなので、こちらも参考にしてください。


どもりの症状が相手によって変わる?吃音におけるリスクマネジメント法



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA