僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

吃音を自然に完治できれば最高だけど…やはり無理だった!

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

吃音は放っておけばいつか治るのかな?

そんな疑問をあなたはもしかしたら持っているかもしれませんね。

吃音はどもりの頻度が多いときもあれば、少ない時もあります。

あまりどもらない時期が続くと、「このまま治るのでは?」と思うこともありますよね。

しかし、結論からいうと、放置していて治る可能性はほぼ0です。

今回は吃音が自然に完治しない理由と、正しい解決法についてお話ししていきます。

吃音が自然には完治しない2つの理由とは?

吃音が自然に完治しないのには、以下の2つの理由があるからです。

  1. 吃音には「波」があるから
  2. 吃音への認識が変わっていないから

理由①:吃音には「波」があるから

あなたも経験あると思いますが、「よくどもる時期」「あまりどもらない時期」があると思います。

これを“吃音の波”といいます。

そしてこの「波」は交互にやってくるので、

たとえ今あまりどもらなくて調子が良くても、そのうちよくどもってしまう時期が必ずやってきます。

これはあなたをビビらせたいわけではなく、明確な事実です。

もちろん僕も経験ありますし、吃音に苦しんでいる人全員が同じ経験をしています。

調子が良いときはどもらずスラスラ言えるのでいいんですが、

調子が悪くなってきたときに不安や苦しみに囚われてしまいがちですよね?

「またどもった」

「この言葉もどもりそうだ」

「どもったらどうしよう」

そんなことばかりを考えてしまうと思います。

吃音には「波」があるので放置していも、いつか必ず調子の悪い時期がやってきて、吃音の苦しみに囚われてしまう・・・

放置しているといい波と悪い波が交互に訪れ続けるので、

放置しても治ることはないということです。

理由②:吃音への認識が変わっていないから

僕は当ブログで吃音の真の原因は、

「吃音者がもつ認識」にあると主張しています。

その認識とは

「吃音=恐怖や悪」といった認識を持っているということなのですが、

この認識があり続ける限り、あなたの吃音はどうやっても治りません。

薬を飲んでも無駄、音読トレーニングをしても無駄、セラピーにただ通ってセラピストのいうことを聞いていても無駄です。

「吃音=悪」この認識が変わらない限り、一生かかっても吃音は改善されません。

実際僕は、セラピーに通いましたが「吃音=悪」の認識を変えることができなかったため、症状が改善することはありませんでした。

これがその時の話です。

【失敗談】セラピーに通っても吃音が治らない2つの理由

では放置していたら認識は変化するのでしょうか?

「吃音=悪・恐怖」この認識が勝手になくなってくれるでしょうか?

ほぼ不可能です。

むしろ放置していると、吃音の苦しみがさらに蓄積され、「吃音=悪」の認識がより強まってしまうかもしれませんね。

吃音を放置した結末

僕は吃音の苦しみがピークに達していたとき、どうすればいいのかわからなくなっていました。

音読、セラピー、ある程度の手段を試して自分なりに工夫しましたが、一向に治らず疲れ切っていました。

新しい治療法を探す気力もなく、

「なるようになる」

そう考えしばらく吃音を放置していたのですが・・・

結果は鬱寸前にまで追い込まれてしまいました。

「電話でどもる夢」まで見るようになり、顔面蒼白で仕事に向かい、どもり、電話では声が出ず、上司に指摘される。

休日は一日ソファに寝転がり、「明日の仕事が怖い・・・」そんなことばかり考えていました。

地獄といっても言い過ぎではない日々が続きました。

これを読んでくれているあなたには僕と同じ苦しみはできれば味わって欲しくありません。

もし既に同じような苦しみの渦中にいる人は、なんとかその状態から脱して欲しいです。

こちらの記事では僕の仕事での吃音の苦しみが激減した方法をお話ししていますので、是非読んでみてください。

【吃音で仕事を辞めたいと思っている人へ】カミングアウトのすヽめ

解決策はあるのか?

解決するためには、やはり吃音に正面から向き合わなければいけません。

良い状態がいつ訪れるかわからない「波」に期待したり、放置して「なんとなる」と考えてしまう習慣は手放す必要があります。

具体的にどうすればいいのか?

そもそも吃音の真の原因は、理由②で述べたように吃音者が持つ「吃音=悪」という認識にあります。

この認識を破壊し、新たな認識に変えることが吃音を克服する方法なのですが・・・

まず「吃音=悪」という認識が生まれるメカニズムを理解していただきたいです。

このメカニズムを知れば吃音を克服する方法がより理解できると思います。

次の記事で詳しく解説していますので、必ず読んでみてください!

吃音の恐怖を生み出す、認識のメカニズムとは??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA