僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

吃音がきつい→音読は絶対NG!みんななぜ音読をしてしまうのか?

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

どうすれば吃音を治すことができるのか?

そう考え、音読トレーニングをする人は非常に多いです。

実際に僕も一時期やっていました。

しかし、音読トレーニングをしても吃音改善に繋がらないのはあなたも感覚的に気づいているんじゃないかと思います。

それどこから音読トレーニングを繰り返すことで益々吃音の症状が悪化する場合が多いです。

それでも音読トレーニングを多くの人がやってしまう理由は、

吃音の原因を勘違いしているから。

ここを勘違いしているといつまでたっても吃音は改善されないので、本当に注意してください。

今回は、どうしてもやってしまいがちな音読トレーニングを辞めるための考え方の話をしますので、是非読んでみてください。

吃音が音読では治らない理由とは?

いくら音読をしても吃音が治らないのには決定的な理由があります。

それは吃音は身体的な問題ではないからです。

音読っていうのは身体的なアプローチですよね?

滑舌が悪いとか、声の出し方が下手とか、声がこもる、そういったものであれば音読トレーニングで改善できると思います。

でも吃音は全く違う問題です。

以前の記事でも例に出したことはありますが、

ある会社での出来事。

職場にかかってきた電話をとったものの、「お電話ありがとうございます」がどうしても言えず、「・・・お、お、・・・」と詰まってしまいました。

相手先からは「もしもーし」と不思議がられるし、同僚には笑われてしまいました。

電話対応が苦痛だったので、家で一人で練習しようと思った時には、「お電話ありがとうございます」と何の詰まりもなくスラスラ言えてしまいました。

しかし、翌日会社の電話をとるとまた言えなくなってしまいました・・・

ある高校生の頃の出来事。

古典の授業で「た行」から始まる文章の音読を先生に指名されました。

教科書に書いてある文章を読めばいいだけだし、もちろん読み方もわかります。

しかし初めの「た」が詰まってしまい、

「・・・・・た、た、・・・・」

となんと1分以上、言葉が出てきませんでした。

友達からは「早く言えや!」と急かされ、周りからはクスクス笑われ、先生は不思議そうな表情で僕を見ている。

恥ずかしのあまり授業後に駆け込んだトイレでは、

「たれか〜〜〜」と一切詰まらずスラスラ言えている自分がいました・・・


これら2つは実際に僕の身に起こった出来事です。

あなたにも似たような経験があると思います。

そしてこれらの原因は何なのか?

何が原因で言葉が出てこなかったのか?

これらは滑舌のせいで言葉がどもったわけでも、喉の異常で声が出てこなかったわけでもありません。

だって一人の空間であれば問題なく喋れるわけですから。

ということは身体的な問題ではないということになります。

にも関わらず多くの人は音読トレーニングで立ち向かおうとしてしまう・・・

これって明らかに真の原因を見誤っていますよね?

極端な例ですが、吃音者が音読トレーニングをすることは、骨折した人が風邪薬を飲んで「治らない」って言ってるようなものなのです。。。

つまり、全く関係のないアプローチをしてしまっているということ・・・

それでは治るはずがありません。

また、次の記事で吃音の本質的な原因についてお話ししてますので、是非読んでみてください。

吃音で言葉が出ないのは脳に原因があるのか??

そもそもなぜ音読トレーニングをしてしまうのか?

吃音の症状を冷静に客観的に考えれば誰でも本来は思いつくはずなんです。

「吃音って別に喉とか身体の異常で起きてる症状じゃないよな?」

そう気づけるはずなんです。

これに気づければ本来音読トレーニングなんてしないはずです。

でもなぜか多くの人は音読トレーニングをしてしまっています。

こんなことをいっておきながら、僕も以前はやってしまっていましからね・・・

改めてそれはなんでかなと考えてみたら次の2つの理由が原因なんじゃないかと思いました。


音読トレーニングをしてしまう理由
  1. 多くの人は思考をしていない
  2. 音読を繰り返すことで起こる恐怖を知らない

理由①:多くの人は思考をしていない

多くの人は吃音の「目に見える症状」だけを見て判断しています。

「言葉が詰まる」

「言葉を繰り返してしまう」

そこだけを切り取って喉に異常があるなどと考えてしまいます。

人前では言えなかった言葉が一人の空間でスラスラ言えた経験は誰もがしているはずなのに、「それはなぜだろう?」と考えることをほとんどの人がしないんです。

ここに対して

「なぜだろう?」

「人前と一人の空間だと何が違うんだろう?」

「言っている言葉は一緒なはずなのに、場面が変わるとなぜ言えないんだろう?」

こんな思考が働けば、吃音の本当の原因にたどり着く人はもっと多くてもいいはず。

でも現実は吃音者のほとんど全ての人は真の原因にたどり着けていません。

確かに吃音というのは症状も原因も見えづらいものです。

だから色んな説がある。

身体的な原因論もあれば精神的な原因論もある、薬で治せるなんて言っている人もいる、

こういった色んな意見に惑わされてしまうのも多くの人が真の原因にたどり着けない大きな理由だと思いますが・・・

思考をせずそれらを盲目的に信じてしまうことが問題です。

理由②:音読を繰り返すことで起こる恐怖を知らない

音読を続けた先に起こる恐怖を知っていればやめることができます。

辞めれないのは具体的にどんな問題が起こるのか、どんな恐怖が待っているのかをハッキリと理解できていないからです。

ここでそれを理解していただけると嬉しいのですが・・・

結論をいうと、

音読を繰り返すと吃音がより悪化します。

そして自己嫌悪に陥ります。

まず音読をしていると、家では基本的にはどんな言葉でもスラスラいうことができます。

しかし、あなたにも「苦手な言葉」はあると思うのですが、その苦手な言葉は人前だと詰まってしまうことがやはり多いです。

そうすると、「まだ言えない」「もっと喋る練習をしないとだめだ」と考えて、苦手な言葉をより一層練習してしまいます。

家だと苦手な言葉でもどもることは基本的にありませんが、

練習を繰り返すほど、あなたの脳は「その苦手な言葉」に注目するようになります。

するといざ人前でその言葉を発しようと思った時に嫌な感情が湧いてきてどもってしまう・・・

脳が「この言葉だ」と強く認識してしまっているので、喋る際にどうしてもその言葉を強く意識してしまうのです。

「喋る」という普段人間が無意識で行なっている行為を、意識すると喋ることに違和感を覚えてしまいます。

あとはもうその繰り返しです・・・

どもった→練習→意識が強まる→またどもる→また練習→より意識する→どもる→練習・・・

終わりがありません・・・

気付いた時には以前よりどもりの症状がはるかに悪化して、今まで喋れていた言葉までどもり出すことも少なくないのです。。。

負のループから抜け出すためには?

ここまでの話から今現在、吃音に悩んでいて音読をしている人は、いますぐに辞めてほしいです。

理由は前述の通り、吃音は身体的な問題ではないからです。

音読を続ける限り、吃音が治ることはありませんし、それどろか症状がより悪化してしまいます。

まずはこの事実を受け入れてください。

そして

「真の原因は何か?」

「なぜ人前ではどもって一人だとどもらないのだろう?」

一度冷静になってそう考えてみてください。

表面的な症状だけをみて身体的な問題かな?と思ってしまう思考を疑うことができればいずれ本当の原因に気づけるはずです。

また、こちらの記事では本質的な原因をお話ししていますので、併せて読んでみてください。

吃音で言葉が出ないのは脳に原因があるのか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA