僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

【吃音は気しないようにしろ!】にウンザリしているあなたへ。解決のキッカケをくれる3つの質問

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

吃音のことばかり気にしているから苦しいんだ!

気にしないようにするのが一番だ!

あなたはこんな風に言われたことはありませんか??

僕はよくありますし、至る所でこの意見を耳にします。

・・・

僕はこの言葉を聞くたびに腹が立ってしまいます。

というのも。

“気にしないようにする”は確かに、理論としては正しいです。

吃音は本人の意識が引き起こしているため、気にしないようになれば確かにどもらなくなります。

しかし。

「気にしなようにしろ」とだけ言われて、気にしないようにするのは不可能なんですよ…

具体的な方法や工夫を誰も教えてはくれません。

いっちー

気にしないようにしろと言うのなら、気にしないようになれる方法を具体的に教えてくれよ!!



僕はそう思ってしまいます。

あなたもそうではありませんか?

“気にしないように”の一点張りにウンザリしていませんか??

・・・

今回は誰も正しく教えてくれない、

吃音のことに意識が行きにくくなる【具体的】な方法をお話しします。

とても簡単な3つの質問に答えるだけです。

是非最後までお読みください。

吃音を“気にしないようにしろ”の被害者たち

先日某掲示板で次の書き込みを見かけました。

私は吃音症です。

物心着いた頃からずっとなのですが、病院や親は気にしないことが治療法といいます。

でも、自分でネットで調べると発音練習など病院で治療を受けられると書いてありました。

それを親に言うと気にしすぎとその治療法を否定します。

毎日絶対に言葉を発して、何回も吃ってしまうのに、気にしないなんて不可能です。

なんでこんな話すという簡単なことも出来ないのかととても悔しくなります。

今は学生ですが、就職面接や社会人になって働くなど人生吃音だと不利な事だらけでとても不安になります。

なので自分で出来る吃音の治し方や、同じ吃音の方でこうしたら治ったなどあったら教えて欲しいです。

・・・

とまあこんな感じの声が多いわけですよ。

“気にしないようにしろ”

吃音に悩む人に対して誰もがそういうんだけど、

その“やり方”がわからないからやりようがないんですよ…

お医者さんまでが“気にしないように”とだけ言っている現実に僕は嫌気がさします。

多くの場合言葉が足りない


吃音が気にならなくなる方法があるとしたら

吃音よりも大事なモノができたときです。

吃音よりも大事なモノ…

つまりそれは

✔︎自分の人生をかけてやりたいこと

✔︎達成したいもの、実現したいこと

✔︎やりたいこと

✔︎ワクワクすること

・・・

それが見つかったときに意識が変わります。

そして自分にとって大事なことを実行し始めると、充実感や、喜びを感じることができます。

それが結果的に吃音のことを忘れさせてくれるのです。

・・・

吃音者は、【どもるか、どもらないか】が人生の善し悪しを決めるほど、吃音に囚われています。

その思考の状態を変えるためには、

吃音よりも自分の人生において優先させたいモノを見つけるしかない。

それが見つかったとき、意識が変わり、吃音のことが気にならなくなる。

・・・

・・・

これが世間がよくいう、“気にしないようにする”ということの中身です。

いっちー

本当に大事なモノが見つかったとき、意識と時間の使い方が変わり、結果的に吃音のことが気にならなくなる。というわけです!



ご家族の方も、お医者さんも、おそらくこういったニュアンスのことが言いたいんだと思いますが…

圧倒的に言葉が足りない。

・・・

・・・

質問者さんも仰っているように、

僕らは毎日たくさん喋って、たくさんどもっているのです。

そんな人に何の説明もなしに、

世間の声

気にしないようにしてみたら??


このワンフレーズだけで変わるわけがない。

ちゃんとした説明が必要なのです。

吃音よりも大事なモノを見つける方法

というわけで、誰もちゃんと教えてくれない、

“気にしないようになる方法”をお教えします。

先ほども言った通り、

吃音よりも大事なモノを見つける方法です。

・・・

あなた

大事なモノを見つけるって難しいでしょ?



そう思うかもしれませんが、ご安心ください。

割と簡単に見つかってしまうものです。

“3つの質問”を自分に投げかけてそれに答えていくだけです。

30分もあればできるし、自宅で一人でできます。

それが以下です。

人生において大事なモノを見つける3つの質問
  1. 人生の中でどんなことをしたい?どんな人になりたい?
  2. それを実現するためにやるべきことは何?
  3. その中で今の自分ができることは何?


あなた

なんだそんな質問か…


もしかしたらそう思うかもしれませんが、

充実した人生を送るために非常に強力な質問です。

以下の3つに正しく答えられない状態では

“充実した人生は送れない”と言い切れるくらい重要な質問です。

問い①:人生の中でどんなことをしたい?どんな人になりたい?


まずこれが一番大切な問いです。

あなたが現在吃音に苦しんでいるからといって、

この先も吃音者としての人生を生きる必要は全くないんです。

自分の人生はいつだって自分で選べるんです。

吃音は治そうと思えばいつでも治せるし、職を変えようと思ったらいつでもできるんですよ。

だからこの問いには素直に答えてほしい。

自分に制限はかけないでほしい。

あなたは自分のたった一度の人生の中で何をして生きていたいですか?

どんな人になっていたいですか?

いっちー

頭で考えるだけじゃなく、できればノートに書いてください。そのほうがより具体的に見えてきます!


問い②:それを実現するためにやるべきことは何?


問い①で考えたモノを実現させるためには、

やらないといけないことがたくさんあるはずです。

それをこの問いで明らかにしていきましょう。

例えば、“家族と一緒に過ごす時間がたくさんある人生にしたい”と思うのであれば、

それを実現するためにやるべきことは何でしょうか?

✔︎出世してより多くのお金を稼ぐ

✔︎不要な会議に出なくいいくらい偉くなる

✔︎自宅でできる仕事を見つける

✔︎労働時間ではなく成果によって収入が決まる職につく

一例ですが、考えればたくさん見つかると思います。

ここも真剣に考えてみてください。

いっちー

しっかりノートに書きだしましょう!


問い③:その中で今の自分ができることは何?


最後の問い。

これめっちゃ大事な問いです。

問い①と問い②は自己啓発本やセミナーでよく言われる話だと思うんですよ。

自分の人生で本当にやりたいことを考える
そのために何が必要かを考える



それが大事だなんてことは多くの人が言葉では理解していると思います。

(それを本当に大事にできている人は少ないですが)

・・・

でも多くの人が自己啓発本やセミナーを読んでも人生が変わらないのは

この問い③がないからです。

今の自分ができることは何だろう??

問い②で具体的なやる必要があることを考えたら、

その中で今の自分が明日からできることを考えていきます。

先ほどの例で挙げた、

“労働時間ではなく成果によって収入が決まる職につく”で考えてみましょう。

これはうまくいくと、今までよりも多くの収入を得ながら、労働時間を減らすことができ、家族と過ごす時間は増やせるはずです。

じゃあこれをやるために今の自分ができることは何かを考えるのです。

✔︎どういった職業があるのかをリサーチする

✔︎どんなスキルが必要なのかを調べる

✔︎身近にそういった人がいないかを調べる

✔︎あるいはネットで調べる

色々考えられるはずです。

・・・

そしてこの問いで明らかになった、今の自分ができることを

実際に行動に移すことが最重要です。

ここまで真剣に考えたとしても、行動しなければ当然現実は変わりません。

吃音のことも頭から離れないでしょう。

・・・

自分の人生にとって大事なモノが見つかったら、それを叶えるために行動していきます。

そうして初めて吃音のことを忘れることができるのです。


自分にとって大事なモノを何よりも優先させよう

いかがだったでしょうか?

・・・

自分にとって何よりも大事なもの、実現させたいものをちゃんと知って

それを叶えるために生きることが充実感を感じながら生きる方法であり、

吃音のことを気にしない唯一の方法であると僕は確信しています。

いっちー

実際に僕は今回の方法で吃音の恐怖から解放された生き方を実現できています!



今回はうまく喋れるようになる方法や、心理学的な方法よりもはるかに価値のある方法の話をしたつもりです。

・・・

行動といっても初めは小さくて構いません。

必要なスキルがあるとわかったら、

“一日5分だけスキル習得の勉強をする”

初めはそれだけでもいいです。

その積み重ねが徐々に意識に影響を与えて、吃音の症状や苦しみをかき消してくれます。

初めは少しづつ、でも確実に吃音者としての人生から脱却できることをお約束します。

是非ご参考に…

吃音を乗り越えた先に待っていた世界〜もしあなたの吃音がなくなったとしたら〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA