僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

吃音で言葉が出てこないのは脳に原因があるのか??

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

頭の中で言いたいことはわかっているのに言葉が出てこない

この症状って異常だろ…

あなたはそう悩んでいないでしょうか?

そして、「脳に異常があるんじゃないだろうか?」という結論に行き着いている人もいるかと思います。

人間の全ての行動は脳が指令を出した結果起こっているので、そう考えるのも自然なことかもしれません。

結論をいうと、脳に原因があるという意見は正しいです。

しかし、ほとどの人がその意味を間違えて捉えています。

多くの人は脳に障害があると考えてしまいがちですが、決してそうではありません。

「言葉が出てこない=脳に障害がある」ではないのです。

ここを勘違いしていると、吃音の苦しみからいつまでも抜け出せなくなってしまいますので本当に注意してください。

今回は、「言いたいことはわかっているけど言葉が出てこない」本当の原因をお話ししていきます。

「言葉が出てこない」が脳の障害ではない理由


「頭の中で言いたいことはわかっているけど言葉が出ない」がなぜ脳の障害ではないと言い切れるのか?

それは、「障害が短時間のうちに出たり消えたりすることは科学的にありえない」からです。

「言いたい言葉はわかっているのにどうしても声が出てこなかった」

そう悩んでいる人はこれからお話しするような経験をしたことがあるのではないでしょうか?

ある会社での出来事。

職場にかかってきた電話をとったものの、「お電話ありがとうございます」がどうしても言えず、「…お、お、…」と詰まってしまった。

相手先からは「もしもーし」と不思議がられるし、同僚には笑われていた。

電話対応が苦痛だったので、家で一人で練習しようと思った時には、「お電話ありがとうございます」と何の詰まりもなくスラスラ言える。

しかし、翌日会社の電話をとるとまた言えなくなってしまった…

これは「お電話ありがとうございます」と言えばいいことをわかっていたけど、どうしても言えなかった例です。

しかし夜帰宅したときには何のつまりもなく、スラスラ言えるようになっていたのです。

…この現象を冷静に見て、「脳や言葉の障害」だと思うでしょうか?

さらにもう一つ例を。

ある高校生の頃の出来事。

古典の授業で「た行」から始まる文章の音読を先生に指名された。

教科書に書いてある文章を読めばいいだけだし、もちろん読み方もわかっていた。

しかし初めの「た」が詰まってしまい、「・・・・・た、た、・・・・」となんと1分以上、言葉が出てこなかった。

友達からは「早く言えや!」と急かされ、周りからはクスクス笑われ、先生は不思議そうな表情でこっちを見ている。

恥ずかしのあまり授業後に駆け込んだトイレでは、「たれか〜〜〜」と一切詰まらずスラスラ言えている自分がいた…

授業中に恥をかいてトイレに駆け込むまでほんの数十分。

この短時間のうちに身体や脳に何か変化が起こったのか?

・・・

実は上の2つは実際に僕に起こった出来事なのですが…「言葉が出ない」という現象を脳の障害と定義するのはさすがに難しいと感じませんか?

脳の障害だとしたら電話中や授業中にだけ障害が出て、一人になった途端障害が消えたということになってしまいます。

障害が短時間のうちに出たり消えたりすことなど科学的に絶対にありえないでしょう。

これが「言葉が出ない」というのが脳の障害でなないと言い切れる決定的な理由です。

補足

この主張はあくまで「頭の中で言いたいことはわかっているけど声に出そうと思ったときに詰まってしまう」という吃音の症状をベースにしたものです。

吃音の症状は前述の通り、脳の障害ではありません。

言語障害や、脳の障害で声が一切でないという障害はまた別の話ですので、そこはご理解ください。

吃音を脳の障害だと考える問題点


前述の通り、「言葉が出ない」というのは脳の障害ではありません。

しかし、「言葉が出ない」という目に見える現象だけを見て、脳の障害だと思ってしまう人がほとんどなのが実情です。。

実は「障害がある」と考えることには様々な問題点があります。

まず障害を抱えている自分自身を卑下してしまう人があまりにも多いです。

✔︎俺は障害があるからできない

✔︎吃音がある自分は何をやっても無駄

✔︎どうせ俺なんて

✔︎自分ばかりが苦しんでいる

そんなネカティブな感情にとらわれて思ったような人生を歩めない原因になってしまいます。

あるいは、脳の「障害」と考えることで、克服を諦めてしまうことも多いですね。

実は僕は、約13年間悩んできた吃音を2ヶ月で克服することに成功しました。

そして僕だけではなく、これまでに吃音を克服した人は、僕が知る限りでも300人以上います。

つまり、吃音は治すことができるものなのです。

しかし…

「言葉が出てこない症状は脳の障害だ」で思考が止まってしまうと、治すことが途端に困難になってしまいます。

吃音はとてもわかりにくい現象なので、障害と考えたくなる気持ちはわかります。

ですが、「克服した人が大勢いる」事実を受け入れて、障害だという考えを勇気を持って手放してみてください。

発達障害、不安障害、吃音を障害と考えてしまうのはもうやめにしませんか?

吃音の言葉が出てこない真の原因とは?


冒頭で「脳に原因があるのは正しい」と言いましたよね。

それは、

“脳がもつ「認識のメカニズム」に原因がある”ということです。

認識のメカニズムとは、簡単にいうと「脳が何を重要だと判断するか」「何を認識してくるか」ということなのですが…

あなたは網様体賦活系(もうようたいふかつけい)という言葉を聞いたことがありますか??

網様体賦活系とは人間に備わった認識の機能で、あなたが今関心のある出来事を何よりも敏感に認識させてくる機能のことです。

と、言葉で説明しても難しいと思うので、ここで一つ、網様体賦活系を感じる簡単な実験をしてみましょう。

これ本当に素直にやってみてください。

いいですか?

まず目を閉じてください。

次に、「黒色はどこ?」と心の中でしばらく呟いてから目を開けてみてください。

・・・

・・・

・・・

どうですか?

目を開けた瞬間から猛烈なスピードであなたの脳は「黒色」を見つけてきませんでしたか?

僕もこの実験を初めてやったときはあまりにも「黒色」が見つかることにびっくりしたのですが…これが網様体賦活系の機能です。

元々その空間には「黒色」は存在していました。

しかしあなたの脳が重要だと判断していなかったから認識できずにいた。

しかし、僕の投げかけによってあなたの脳に「黒色」という情報(関心事)が入りました。それによって次々に「黒色」を認識できたのです。

「ベンツがほしいと思ったら街中ベンツだらけに見える」

これなんかも理論上は全く同じです。

・・・

そしてこれはそのまま「言葉が出ない」という吃音の症状にも当てはめることができます。

吃音者である僕たちは無意識のうちに「どもりやすい言葉」「どもりやすい場面」を見て(注目して)います。

脳がそれを認識し、重要だと判断しています。

そしてその「言葉」その「場面」が来ると、脳が敏感に感知して反射的にどもりを繰り出すようになってしまうのです。

先ほどの僕の例で言うと、

僕は電話の挨拶や「た行」に苦手意識を持っていました。

つまり脳が「この言葉」「この場面」ではどもると認識したということです。

そして実際にその場面がやってくると、その認識通りに脳はどもるように指示を出してきて、どもってしまうと。

そんなメカニズムが無意識のうちに働いていたのです…

吃音者がどんなに「落ち着いて喋ろう」「どもっても大丈夫」と言い聞かせても、無情にもどもってしまう真の原因はこのメカニズムにあったのです。

音読トレーニングが症状を悪化させている

ちなみに吃音者がよくやる音読トレーニングですが。

音読トレーニングを繰り返すと、「苦手な言葉」が脳にさらに強くインプットされてしまいます。

「音読トレーニングをしても吃音が治りません」

そんな声を聞くことがありますが、それは当然です。

吃音という症状は「話すのが下手」だから起こっているのではなく、「認識のメカニズム」によって起こっているのです。

音読トレーニングの弊害に関して、次の記事で詳しく解説しています。

吃音がきつい→音読トレーニングは絶対NG!音読トレーニング呪縛から抜け出す思考法

まとめ

ここまでの話で、「言葉が出てこない」現象は脳の障害ではないということがご理解いただけたでしょうか?

僕たち吃音者は決して脳に障害があるわけではありません。

そうではなく、「認識のメカニズム」によって苦手な言葉、苦手な場面でどもるように無意識でコントールされているのです。

ではどうすればこの問題を解決できるのか?

簡単に言えば、

✔︎この場面ではどもる
✔︎この言葉ではどもる
✔︎自分はどもりやすい人間なんだ

という意識を破壊してしまうことです。

この意識さえなくなれば、喋る前から「言葉が出てこなったらどうしよう」という心配が消え、結果的にどもらなくなれます。

そのための【ある特別な方法】を次の記事で詳しく解説しています。

吃音は治らないなんて嘘!その理由と治し方を解説します。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA