僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

吃音は治らないなんて嘘!その理由と治し方を解説します。

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

吃音は治らない…。

よく言われるこの言葉が僕は大嫌いです。

なぜなら吃音は治すことがきるから。

実際に僕は13年間悩んできた吃音を治し、今では吃音の恐怖のない人生を生きることができています。

今回はその理由と治し方を解説します。

吃音は治るのかという質問

吃音は治るのでしょうか?

吃音を治った、吃音が軽くなったって人を聞きます。

その一方で吃音は治らないという人も居ます。

吃音は又、心の病なのでしょうか?

ひとり言では吃音にならないのに人前では吃音になる場合は非常に多いです。

滑舌や喉の形の問題もあるかもしれませんが体の病であれば、いつ何時でも吃音の筈です。

吃音が治る、治らないで意見が別れる理由

そうなんですよね。

吃音を経験した人の中でも、治った(軽くなった)と言っている人もいれば、吃音は治らないと言っている人もいます。

これは厄介な問題で、どっちを信じていいのかわからなくなります。

信じるか信じないかはあなた次第ですが…約13年間吃音に悩んできて、克服した僕は吃音は治るものだと確信しています。

それに、田中角栄であったり、タイガーウッズであったり、ブルースウィリスであったり…

吃音を克服した人が多数存在することも、“吃音は治る”論を証明していると思います。

それでも…治らないと言い張る人が多い現実があるわけですが、両者には明らかな“考え方の違い”があるのです。


両者の考え方の違い
  • 治らないと言っている人は目先の現象に囚われている
  • 治ると言っている人は本質をみている(気づいている)


それぞれ詳しく見ていきましょう。

治らないと言っている人は目先の現象に囚われている

「言葉が詰まる」

これが吃音における目先の現象な訳ですが、ここだけにフォーカスして、発語器官に異常があると考え、身体トレーニングに走ったり…

メンタルが弱いことを問題に仕立てて、メンタルを強くする方法を求めたり…

言語障害と捉えることで、「治すことができないもの」と考えたり…

吃音のことを深く思考することはほとんどしないのが「治らない」と主張する人たちの特徴です。

そりゃあ身体トレーニングや、メンタルを強くするトレーニングをしたところで、そもそも違うところに原因がある問題なので治るはずがありません。

そうやって吃音を治すトレーニングをやってみたけど、治らなかった人が、「やっぱり治らないじゃん」と言うから世の中にそれが広まっているのです。

治ると言っている人は本質に気づいている

吃音を治すことができた人は、

吃音は自分の精神状態が作り出す現象だということを見抜いています。

質問者さんは、「体の病であるならば、いつ何時も吃音のはず」と言っていますが、まさにその通り。

✔︎一人になった瞬間スラスラ喋れるようになり
✔︎人前に出るとどうしても言葉が出てこない


この“現象の差”に疑問をもち、「なぜだろう?」と冷静に思考していけば、いずれは心に原因があることに気がつきます。

しかし、心に原因があると言っても、メンタルが弱いとか、気にしなければいいとかそんな単純な問題ではなく、もっと深いところに原因があります。

ここに気が付いている人は本当に少ないですが、吃音に苦しむ原因は…

あなたが吃音を“どう捉えているか”で決まっているのです。

…これだけではわからないと思うので、図を交えながら説明していきます。

吃音に悩む人には実は次のような関係性が成立しているのです。


吃音があなたの上に存在していて、あなたを支配している関係性です。

つまり、吃音を自分よりも大きなものとして捉えているということです。

なぜこんな関係性が成立するのかというと、過去の経験です。

✔︎どもって恥ずかしい思いをした
✔︎喋り方を指摘された
✔︎喋り方を笑われからかわれた
✔︎どもることで誰かに怒られた…



吃音に悩むあなたはこんな経験を繰り返してきていると思いますが、その中で「吃音が怖い」という認識が定着しているはずです。

その認識が定着してからは、何かを喋るたびに、行動しようとするたびに吃音の存在を気にしてしまうようになります。

「吃音があるから無理か…」のように。

この状態の人が吃音者と定義され、吃音に苦しんでいる状態といえます。

一方、吃音者の中には吃音の症状を改善できる人がいるという話をしましたが、

その人達の中でも捉え方がどうなっているかというと…


こんな関係性が心の中で成立しています。

先ほどとは真逆で、自分が上に立って主導権を持っているイメージ。

✔︎吃音なんかに人生を左右させない
✔︎自分のやりたいことをやっていくんだ
✔︎絶対に幸せな人生を作るんだ
✔︎俺はなんだってできるんだ



吃音の存在を言い訳に「できない」と考えることは決してありません。

常に自分が人生の舵をとっているのです。

…この状態こそが、吃音を克服した状態です。

“吃音の捉え方”に原因があることに気づいた人は、この図のように自分が主導権を握る関係性を作ればいいのだということに辿り着きます。

そしてその関係性を作る努力を始めるのです。

…そうやって本質を見て、真の原因にたどり着いた人はしっかり吃音の症状を改善しているのです。

吃音を治すための方法とかかる時間


先ほどの、吃音と自分の関係性を逆転させることこそが、吃音を治す方法です。

吃音が治るとは自分が変わることで詳しく書きましたが、

関係性を逆転させるには、

コツコツプラスの影響を自分に与え続けていくしかありません。

✔︎吃音があっても何だってできるんだ
✔︎吃音があっても俺は幸せになれるんだ
✔︎仕事でも成果を出すことはできるんだ
✔︎吃音が何じゃい



そう本音で思えるようになるまで、プラスの影響を与え続けることです。

だから以前にも何度か言いましたが、

ネットの声

来週までに吃音を治したいです。

ネットの声

簡単に治す方法を教えてください。



これは不可能だと主張しているのです。

たったの1週間で、今まで培ってきた関係性を変えるだけの強い影響を与えることなど到底できませんから。

「吃音があっても関係ない」と思えるようになるまでには、2ヶ月〜半年は必要なのです。

だからその覚悟は全員に持ってほしい。

吃音克服にインスタントな方法はないし、決して楽ではありません。

“自分を変える”とはそういうものなのです。

吃音が治ると人生はどう変わる?

決して楽な道のりではありませんが、吃音を治すことができればあなたはたくさんの恩恵を得ることができます。

吃音を克服していく過程で色んな学びや成長があり、それによってあなた自身が大きく変化していくからです。

僕の経験を通しても色んなことが本当に大き変わった。

主に次の3つに劇的な変化がありました。


吃音克服で劇的に変わるもの
  1. 感情
  2. 仕事
  3. 人間関係


それぞれ見ていきましょう。

①:感情


一番大きく変わるのが感情です。

具体的にいうと、毎日満たされている気分を味わうことができます。

これは何か大きな結果が出るから満たされていると感じるのではなく、

何てことない日常にも喜びを見出されるようになるということで、これが一番素晴らしいのです。

今までは心が動かされなかった日常にも幸せを感じ、満たされた気分でより良い自分や目標に向かうことができる。

なぜそうなるのかというと吃音克服の過程で、

✔︎穏やかな気分で過ごすこと
✔︎未来に希望を持つこと
✔︎今この瞬間を楽しみながら生きること



これらの「今」を大事にするスキルが相当上がるから。

これによってネガティブな感情に毒されることが本当になくなります。

自分には価値がないとか、人よりも劣っている…こんなことなど一切考えなくなるのです。

今まさにネガティブな感情に浸され、何のために生きているのかわからない人なんかには必ず手に入れてほしい感覚です。

②:仕事


感情に変化が起こると、仕事の成果も比例して高くなります。

前述の通り、満たされている感覚で仕事に向かうことができるので、パフォーマンスも最大化されるからです。

それに今までは仕事をしている時でも、電話、会議、朝礼、伝達など吃音のことが頭から離れなかったと思います。

集中したいのに…どもりが気になってソワソワ…

こんな状態から脱却できます。

吃音を克服できると、今まで吃音に使っていた時間とエネルギーを、お客さんを喜ばせることであったり、より良い提案をできるようにすることであったり…仕事の成果を上げるために全力で使えるようになる。

そうなったら仕事の成果が上がらないはずはありません。

短期間で劇的な変化を遂げることができるのです。

僕も吃音を克服して半年も経たないうちに個人売上が2倍になり…

上司

何か変わったな。何かあったん??



変化を褒めてもらえることが多くありました。

苦しくて仕方がなかった仕事が、褒めてもらえて賞賛してもらえる、やりがいのある行いに変わっていたのです。

③:人間関係


吃音克服の過程で、

✔︎社交的になっていく
✔︎自然体でいられる時間が増える
✔︎他人のことも自分のことも客観的に見れるようになる



そんな変化を体感することができます。

人間関係は人生の質を大きく左右する要素なので、この変化はものすごく大きいです。

僕は家族とも上司ともお客さんとも良い関係を築くことができ、孤独、大事にされていない、軽視されている…この恐怖を払拭することができました。

今の自分がベストだとは思っていませんが、これからもっともっと良い関係を色んな人と築いていけるという感覚があるので、現状に不安はありません。

吃音は治らないを破る方法まとめ

上の3つの変化や、そこから派生する変化により、あなたの人生は間違いなく充実したものになっていきます。

吃音を治す過程で人間的に一回りも二回りも成長することができるのです。

その結果、どもりの恐怖からも解放される、と。

…しかし、あなたが「吃音は治らないもの」というところで思考をやめてしまったらこれらの変化を得ることができず、変わらず苦しい生活が続いてしまいます。

吃音が治る根拠は今回も、以前の記事でも何度も説明しています。

その事実を受け入れて、行動を起こした時からあなたの人生は徐々に変わり始めます。

吃音が治ると信じて、そのための行動を起こせる人が一人でも増えてくれれば嬉しいです。

次の記事で、僕が2ヶ月で吃音を克服した方法を解説していますので、可能性を感じている人は必ずご一読ください。


電話も取れなかった僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法を徹底解説!!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA