僕の吃音がたった2ヶ月で治った方法とは?

彼氏の吃音にどう向き合う?やってほしい3つのコト

いっちー

こんにちは!
吃音お悩み解決ブロガーのいっちー(⇒プロフィール)です!

彼氏(彼女)に吃音があるのですが、どうすればいいのだろう?

何かできることはあるのだろうか?

こういった悩みは割と多い印象です。

今回は、パートナーの吃音に対してできる3つのこと、という視点で話をしていきます。

結局は吃音者の悩みを正しく理解してあげることが大事なのですが、そのための話をしていきます。

彼氏の吃音へのお悩み

彼氏が吃音症です。

1年半以上付き合っている彼氏がいます。

彼は小さい頃からの吃音症らしくて、本人はとても悩んでいます。

私自身はあまり気にならなかったのですが、意識して聞いてみると、最初の一文字をいってから間があったり、伸ばしていたり、何度も繰り返したりして、なかなか次の文字が出てこないみたいです。

彼はどもりそうになったら喋るのをやめるとか、どもる単語は避けて別の言葉に言い換えるように意識してると言っていました。

私は全然気にしてないから大丈夫だよ。

と言うのですが、本人はとても悩んでいるみたいで…

吃音症の彼に対してなにかできることはないでしょうか?

彼氏の吃音に対してできること

吃音はデリケートな問題なので、どう接すればいいのか、自分には何ができるのか、悩んでしまいますよね。

いくつかできること(やってくれたら吃音者が嬉しいこと)はあるのですが、

この場合彼女さんにできることは、大きく分けると次の3つです。


吃音のパートナーに対してできること
  1. 吃音について正しく理解する
  2. 彼氏さんの悩みを理解する
  3. その上でいつも通り接する

“理解した上で接する”

というのがポイントです。

では、それぞれ見ていきましょう。

①:吃音について正しく理解する


まずは吃音について正しく理解してあげてください。

近しい人がちゃんと理解してくれていると、吃音者は相当救われます。

世の中の一般認識として、

“言葉が詰まってしまうのが吃音だ”くらいの認識ですが、

吃音の苦しみはそんな程度ではありません。

たとえ喋っていないとき、どもっていないときであろうとも、

常に「言葉が出てこないこもしれない…」という恐怖に苦しめられています。

吃音のことをよく知りもしない人に、

もっと落ち着いて喋ったら
ゆっくり喋ってみたら
病院いってみる?


こんなことを言われると、吃音者はひどく傷ついてしまうのです。

いっちー

そういう問題じゃないんだよ…



心の中で泣いています。

そういった経験がさらに吃音者を追い詰めることになってしまうので、本当に注意が必要です。

ここからお話しする、②と③もパートナーに正しい知識があってこそ、はじめてできることです。

ですので、ここである程度で良いので、吃音を正しく理解してもらえれば幸いです。

そのための記事を僕はいくつも書いていますので、参考にしてみてください。

吃音とは?症状と特徴を徹底解説!


②:彼氏さんの悩みを理解する


吃音へのある程度の理解があれば、彼氏さんがどんなことに悩んでいるのかがわかってくるはず。

ここでは参考までに多くの吃音者が悩むポイントを紹介しておきます。

✔︎言いたい言葉が言えない

✔︎電話になると余計に声が出なくなる

✔︎周りからどう思われているのか心配

・・・

彼女さんに自分の想いを伝えることも、会社や学校の人間関係でも…

言葉が詰まり、言いたいことがあっても違う言葉に置き換えないと言えないことも多く、その度に大きなストレスを感じている吃音者が多いです。

吃音者

自分の気持ちが伝わっているのか?
相手にどんな風に思われているのか?



大きな不安を抱えています。



あと、大きな苦しみなのは電話

電話は声だけでコミュニケーションを取らないといけないので、表情や、身振り手振りを使ったり、間を活用することができない。

それによって「どうしても声が出ない」という人が多い。

会社の電話や、レストランやお店を予約する電話、そういった場面で苦労する吃音者はとても多いのです。



しかし…周りを見渡せば、電話も、言いたいことを喋ることも、皆当たり前にできている。

その人たちと自分を比較して、

俺は皆があたり前にできていることができない
なんで自分だけ…



そう自分を卑下してしまうことがよくあります。

・・・

もしかしたら彼氏さんは、彼女さんに対して、


深い所での悩み

どもって迷惑に思われているかもしれない、嫌われたくない、格好悪い姿を見せたくない…



そう考えているかもしれません。

いっちー

彼氏さんがどんなことに悩んでいるのか、是非考えてあげてください!



それがわかれば、適切な接し方も見えてきますよ。

吃音かどうかを見分ける6つのチェック項目


補足

“電話では声が出にくい”という話をしたので、あんまり電話しないほうが良いのかなぁと思った人もいるかもしれませんが…


カップル間の電話は変わらずやってほしいと思っています。


理由は、吃音者も全ての電話が嫌というわけではないからです。


吃音者が苦手とする電話は、主に仕事や緊張する人、緊張する場面での電話対応です。


カップル間の電話は、仕事のような緊張感はないし、むしろ楽しいものだと思うので、吃音者にも全く負担にならないので安心してください。


③:その上でいつも通り接する


吃音のことを理解して、彼氏さんの悩みをわかった上で、

“いつも通り”“ラフに”接することを心がけてみてください。

というのも…

吃音者としては、変に気を遣われるのが一番しんどいんです。

「大丈夫?」とか「聞いてるよ」など、そういった言葉をかける必要はありません。

心配している素ぶりをあまり見せてほしくないのです。(難しいかもしれませんが…)

そういった心配よりも、

話に共感したり
笑ったり
ツッコンだり



普通に会話を楽しむようにしてみてください。

気を使われずに対等に、ラフに接してもらえている…これだけでも吃音者からしたら案外嬉しいものです。

(※普段から人の目が気になっているので、自然体で接してくれる人が一番居心地よく感じます。

いっちー

お互いの想いを素直に言えるようなコミュニケーションがとれれば最高ですね




逆にやってはいけないのが…

「こんな風に喋ってみたら?」などの話し方のアドバイスや、治療をおすすめすることです。

本人は「治したい」という気持ちはおそらく持っていると思いますが、

人から「治して」などと言われると気持ちが萎えてしまいます。

「こんなのみつけたんだけど、どう?」くらいのニュアンスなら良いですが、治療をするかどうか、改善しようと決めるかどうかは、やはり本人に任せるしかありません。

吃音を改善するのも、そのまま吃音と付き合いながら生きていくのも、あなたの人生だからどちらを選ぶにしても応援するよ。


そんな気持ちを持って接してあげると、彼はとてもになるはずです。


それでも治してほしいと思ってしまう…



自分の気持ちだけじゃなく、彼の将来のことを考えたら、今治しておかないともっと大変なことになるかもしれない…


そんな想いを持っている人もいるかと思います。


吃音とどう向き合うかは本人に任せるしかないと言いましたが、


パートナーであるあなたが、吃音のこと、彼の悩みのことを本当に理解していて、効果のある方法がわかっているなら治療をおすすめすのはアリだと思います。


ただその時も、「治して」という言い方ではなく、お互いの想いをしっかり確認した上で、判断してください。


まとめ

  1. 吃音について正しく理解する
  2. 彼氏さんの悩みを理解する
  3. その上でいつも通り接する

以上が、パートナーの吃音に対して、できる3つのことでした。



この中で一番大事なのは、パートナーの悩みや苦しみを理解してあげることです。

それによって“相手にとって心地良い”接し方ができるようになり、関係も良好になっていくはずです。

そのためには、やはり吃音のことを正しく理解しておく必要があります。

表面上の知識や、ネットの書き込みで見かけたような話を基に接しても、良好な関係を築けず、ギスギスしてしまうかもしれません。

自分のことや、仕事、プライベートのことで色々忙しい中、大変恐縮ではありますが、少しでもいいので、吃音を理解することに時間を使っていただければ幸いです。


吃音の恐怖を生み出す、認識のメカニズムとは??



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA